沖縄が日本でなくなる日(沖縄の歴史・明治~戦争)

 「沖縄が日本でなくなる日」の4回目です。  1894年の日清戦争以降日本の領土になった沖縄ですが、法整備等が本土から大幅に遅れ各地で旧制度廃止・改善を求める運動が起き、県民は県政の改善や参加権を要求しました。徴兵制、地租改正、市町村制、府県制、衆議院議員選挙法などが施工されたときは、本土から10~25年遅れていました。一方で、政府による沖縄県の皇民化が強まり、神道の布教なども実施されました。…

続きを読む