沖縄が日本でなくなる日(沖縄の歴史・戦後本土復帰)

 終戦直後から、沖縄はアメリカの統治下におかれます。これは、1854年流米修好条約を交わした経緯を持つアメリカが、日本と琉球は本来異なる国家・民族であり「帝国主義も圧政下に有った少数民族の開放」という意味もありました。それにより、沖縄側にも大きな影響を与え「琉球独立運動」のきっかけにもなりました。  しかし、朝鮮戦争勃発後、アメリカの認識は「東アジアの要石」へと変わり、最前線の基地になりました…

続きを読む