オッサンのブラリ一人旅(出石蕎麦)

 永楽館を見学した後、小腹が空いたので2軒目の蕎麦屋を探すことにしました。  出石蕎麦は、江戸時代中期宝永3年、国替えで出石に来た仙石好明が前任地信濃国より蕎麦職人を連れてきたことが始まりとされています。現在の様に手塩皿に盛る形態は幕末に始まりました。現在のスタイルが確立されたのが昭和30年代以降になります。  出石を、散策する前に観光センターで「出石皿蕎麦巡り巾着セット」を購入しました。購…

続きを読む