オッサンのブラリ一人旅(大念仏寺外周)

 毘沙門堂で一息入れ、お寺を後にしましたが、外はどうなっているのか?お寺の周りも散策してみました。  お寺の東北と西南に位置するところには馬場口地蔵と、小馬場口地蔵が有ります。説明看板やネットでは記述が無かったのですが、お寺からだと鬼門の位置にあります。何か意味が有るのでしょうか?  裏鬼門(西南)の方向にあるのが、小馬場口地蔵です。小馬場口の傍らに有った事から呼ばれているようです。大念仏寺…

続きを読む

オッサンのブラリ一人旅(大念仏寺Ⅲ)

 境内の南側の景色です。  マニ車です。手で回すと、お経を1巻唱えたのと同じだそうです。  本堂と瑞祥閣の間を奥へ進み、渡り廊下を過ぎると、一転、近代的な風景が現れます。  瑞祥閣と白雲閣です。  梁松院は、総本山に残る塔頭です。1972年に再建されました。  毘沙門堂です。1125年良忍上人の創建と云われ、祀られている毘沙門天は行基菩薩の作と伝えられてい…

続きを読む

オッサンのブラリ一人旅(大念仏寺Ⅱ)

 お寺の境内にはいろんなお堂が有ります。  経蔵です。元禄年間の創建で、なにわ七幸の霊場として、良忍上人像が安置されています。  経蔵の奥には、地蔵堂が有ります。1844年五二世教彌上人によって再建されました。本尊は木造地蔵菩薩像は幕末楽山上人の作です。  其のまた奥には、圓通殿(観音堂)もあります。1693年大通上人の創建で、1989年修復されました。圓通殿の文字はその大通…

続きを読む