オッサンのブラリ一人旅(鉱石の道 生野銀山Ⅱ)

 いよいよ、鉱山の中へと入っていきます。  そもそも、生野銀山は平安時代に開坑したと伝えられます。その後、室町時代に石見銀山から採掘、精練技術を導入し、本格的な採掘がはじまりました。  戦国時代以降、信長、秀吉、家康などの時の権力者は直轄地とし、佐渡金山、石見銀山と共に重要な財源でした。  坑道の中では、江戸時代と戦後の採掘風景を学ぶことが出来ます。  坑内には至る処に、狸穴が…

続きを読む