オッサンの手抜き飯(七草粥おじや風)

 今日、7日は七草粥です。人日の節句に食される日本の行事食です。1年の無病息災を願って食され、正月に弱った胃腸を休める為とも云われています。七草粥は平安時代には行われていましたが、室町時代の汁物が原型とも云われています。
 本当は、朝に食べるものですが、なかなかそんな事は出来ません。1日早いけど昨日の夕食でチャレンジしました。
CIMG1649.JPG
 用意したものは、七草のセットとご飯。七草は適当に切っておきます。
CIMG1640.JPG CIMG1643.JPG CIMG1641.JPG
 土鍋に水を入れ出汁を作ります、本出汁と塩を一つまみ入れ煮立てます。
CIMG1642.JPG CIMG1644.JPG
 出汁が煮立ったらご飯を入れ一煮立ち、七草を入れ更に一煮立ち、最後に溶き卵を入れて、火を止めて蓋をします。
CIMG1645.JPG CIMG1646.JPG CIMG1647.JPG
 暫くすれば、出来上がりです。1食では食べ切れません、残りは今朝いただきました。
CIMG1648.JPG

 朝、食べる物だと言っても、まだ食べていなかったり、今晩食べようと思っている方の参考になればとアップします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック