オッサンの就活11

 再就職活動が、なかなか思わしくありません。
 失業して、もうすぐ7か月です。失業給付金も、次回の認定日で最後です。一応、真面目に就職活動をしていますので、給付の延長が認められる可能性が有ります。しかしこれも、確定では有りません。
 とにかく、採用してくれるところなら…と言う考えでは、同じことの繰り返しで、働くことに苦痛を感じ、預貯金も儘ならない生活を送るという状態には出来ません。
 理想を追いかける部分と、現実を見つめる部分と、両方の視点から、活動を行っていますが、未だ採用が決まっていません。
 以前の失業時はいくら応募しても、採用が決まらず、心が折れる事が多かったのですが。今回は、なかなか応募できる、求人が少なく、応募できない事で心が折れてしまいます。
 そんな折、珍しくハローワークで紹介状を出してもらったのですが、そこで、チェックが入りました。連休前に応募してところで、書類に煙草の臭いが付いていたという指摘が有ったそうです。それで、面接に至らず、書類を返送したとの事です。そんな事、今迄気にしたことがありませんでした。担当者曰く「喫煙者にとっては何ともないが、喫煙しない人にとっては、非常に気にする方も居るので気を付けるように」と言う事です。
 こんな事も書類選考でダメな理由の一つかも知れません。その後、慌てて、新しい用紙とファイル、封筒を用意しました。
 これを読んでいる、失業中の方も、居られるかもしれません。煙草の臭いには、くれぐれも、記を付けて下さい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック