オッサンのブラリ一人旅(花しょうぶ園、牡丹園)

 芝桜園を散策した後、隣接する花しょうぶ園にやって来ました。
CIMG2420.JPG
 悩みながらも、思い切って入ることに。入場料は500円。
 入園する際に、係の方に、予てから疑問に思っていることを尋ねてみました。
 永沢寺を最初「ようたくじ」と覚えていたのだが、ラジオなどのコマーシャルなどでは「えいたくじ」と言っているが、どちらが正しいのか?訪ねてみました。
 すると「どちらも、間違いではないです。」との事。正確には、永沢寺(えいたくじ)は地名で、芝桜園や花しょうぶ園は永沢寺を使うそうです。そして、道を挟んで向かいにあるお寺が、永澤寺(ようたくじ)と呼ぶそうです。つまり、永沢寺が地名で永澤寺がお寺を指し、たくの字が(沢)か(澤)となっています。
 入園してすぐに、休憩所が有りその奥へ行ってみると。昔の農機具が展示してあります。唐箕は穀物とその異物を風力で分別する器具です。
CIMG2384.JPG CIMG2385.JPG
 その奥にも、桜が咲いていると言っていましたが見当たらず…こんな花も咲いていました。
CIMG2383.JPG CIMG2381.JPG CIMG2382.JPG
 さて、お腹がすきました。この中には、そば打ち体験も有るのですが、そちらには興味は有りませんでしたが。蕎麦処もちゃんとあります。中はセルフサービスになっていました。
CIMG2394.JPG CIMG2393.JPG
 とりあえず、おろしそばを注文。
CIMG2386.JPG CIMG2387.JPG
 蕎麦湯は、「食べ終わった器に直接湯を入れるか、湯呑につゆを取り湯を足すかして飲んでください。」との事。
 湯呑につゆを取って蕎麦湯を作りました。あまり、美味しそうでは有りませんが、蕎麦湯を飲むと
ε-(´∀`*)ホッとします。
CIMG2391.JPG CIMG2392.JPG
 蕎麦屋を出たところに、牡丹と5月なのに桜が未だ咲いていました。此処の事を言っていたのでしよう。
CIMG2395.JPG CIMG2396.JPG CIMG2419.JPG
 牡丹園は花しょうぶ園を横切った処の、ビニールハウスにあります。花菖蒲が咲き誇るのはまだ先です。
CIMG2397.JPG
 牡丹園も間もなく終わります。芝桜と同じようにこの週末がラストチャンス?花菖蒲は6月上旬から始まります。






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック