オッサンのブラリ一人旅(お菊神社~お菊伝説)

 お菊神社を尋ねたのを機に、お菊伝説に興味を持ちました。
 一般に知られているのは、播州皿屋敷と番町皿屋敷ですが、その他にも全国各地にお菊伝説は存在するようです。
 主だったお菊伝説は、松江、高知、尼崎などが有り、その他にもお菊伝説は有ります。
 さて、姫路のお菊伝説ですが、一般的な皿屋敷とは少し違うようです。更に、姫路城と十二所神社のお菊伝説でも少し食い違っている部分が有ります。

姫路城のお菊伝説です。

 頃は永正年間、姫路城主の小寺則織(こでらのりもと)の執権、青山鉄山(あおやまてっさん)が業務上横領をしょうとしていたのを、青山家に住み込んでいた侍女お菊が忠臣の衣笠元信に知らせ、これを防ぎました。
 しかし、その後、城主則織は鉄山に追放され、鉄山が城主となりました。間もなくお菊の密告が鉄山の知る処となり、町坪弾四郎に命じました。これをネタに弾四郎はお菊に言い寄りましたが、お菊はこれを拒否しました。その為、弾四郎は家宝の10枚揃いの皿の1枚を隠し、お菊を責め殺し、井戸に投げ込みました。それが姫路城内にあるお菊井戸です。
01-04-31.jpg
 以降、毎夜、お菊の皿を数える声が井戸から聞こえて来てと言う事です。その後、元信らにより青山家は滅ぼされ、お菊は「於菊大明神」として十二所神社の中に祀られました。
 一説によると、お菊井戸は有事の際、城内から脱出するための抜け穴だと言う事です。その為、人を近づかない様にお菊伝説が伝わったのかも知れません。

 暫く、お菊伝説について数回にわたって述べていきたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック