オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 安寿伝説Ⅲ)

 由良川の対岸に渡り、国道175号から府道571号を北へ向かって走っていると、安寿塚の看板が有りました。
 看板に従って進むと、安寿塚が有ります。
 駐車場からは、遊歩道が続いています。
CIMG3394.JPG CIMG3395.JPG CIMG3396.JPG
 中央の池の周りは、遊歩道が整備されています。
CIMG3397.JPG CIMG3399.JPG CIMG3400.JPG
 池からそれて、遊歩道を歩いていくと・・・
CIMG3402.JPG CIMG3403.JPG CIMG3404.JPG
 その奥に、安寿姫塚が有ります。
 説明看板では、山椒大夫から逃げ、この付近で疲れと飢えにより命を落とし、これを憐れんだ村人によって葬られたとの事です。森鴎外の小説では、山椒大夫の屋敷近くの沼で身を投げたようです。更に一説にはここの池(用水池です、佐織池と言うそうです。)に身を投げたという話も有るようです。元の話が分からないので、どれが本当か?分かりません。其々、脚色されているのでしょう。
CIMG3405.JPG CIMG3406.JPG CIMG3407.JPG
 イベントにも使われているようです。毎年7月14日を安寿の命日とし、その日に近い土曜日の夜に慰霊祭と称しイベントが行われているそうです。東屋も有りました。
CIMG3408.JPG CIMG3409.JPG
 東屋には、歌舞伎の一場面を描いた絵図が掲げられていました。
CIMG3411.JPG CIMG3413.JPG CIMG3414.JPG
 遊歩道を歩いていると、ヒガンバナも咲いていました。佐織池の全貌です。
CIMG3415.JPG CIMG3416.JPG
 他にも、厨子王縁のお寺とかも有るようですが、また、折を見て訪ねたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック