オッサンの競馬予想(天皇賞(秋))

 先週の菊花賞は、1番人気の3サトノダイヤモンドが勝ちました。しかし、近年の傾向から不安が有り1着に固定することは出来ませんでした。しかも、2着には9番人気の11レインボーラインが入りました、まさかの結果です。可能性が無くはないと思うのですが、9番人気、前走が札幌記念で3着、実は、札幌記念を走った馬は、過去30年2着が1度だけ、という実績でしたので、さすがに抑えることは出来ませんでした。3着は、神戸新聞杯で好成績を残し注目していた、6番人気13エアスピネルが入りました。
 実は、今回、京都競馬場に行ってきました。そして、投資額を抑えるために、気になっていた、3番人気1カフジプリンスを3サトノダイヤモンドと2番人気6ディーマジェスティに絡めて、神戸新聞杯出走組を流す買い方をしたのですが、外してしまいました。京都競馬場の事は又改めて、「オッサンのブラリ一人旅」で紹介したいと思います。
CIMG3543.JPG
 10月30日は、天皇賞(秋)です。
 天皇賞は、毎年、春と秋に開催されるJRA最高峰のレースです。第1回は1937年「帝室御賞典」として開催されましたが、前身とされる「エンペラーズカップ」まで遡ると明治時代から続くレースです。秋の天皇賞は東京競馬場で行われます。
 先ずは、過去の傾向から、上位人気馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着 8回 2着 7回 4着 5回 勝率27%、連対率50%、馬券率63%
バツ1 2番人気 1着 5回 2着 5回 3着 4回 勝率17%、連対率33%、馬券率47%
バツ1 3番人気 1着 5回 2着 0回 3着 8回 勝率17%、連対率17%、馬券率30%
バツ1 4番人気 1着 3回 2着 5回 3着 2回 勝率10%、連対率27%、馬券率33%
バツ1 5番人気 1着 5回 2着 3回 3着 4回 勝率17%、連対率27%、馬券率40%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 3回 3着 3回 勝率 3%、連対率13%、馬券率23%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 3回 3着 0回 勝率 3%、連対率13%、馬券率13%
 過去30年、9割近くが5番人気までで決まっています。1番人気の信頼度が少し低いように感じますが、2000年以降では、7勝しています。そう考えると1番人気の信頼度は高いと考えていいでしょう。2着も9割が7番人気までで決まっています。3着は、13番人気が2回入っています。何処まで広げることが出来るか?財布と相談ですね!
 馬齢では、6歳以上の馬は1着から外せばいいでしょう、7歳8歳が書く1勝、6歳が勝っていない状態です。2着、3着も、7歳以上は入ってきていません。それより牝馬が4勝しています。30年で4勝とはいえ、出走数が牡馬と比べると圧倒的に少ない訳です。確率から考えるとかなり高い勝率になるのではないでしょうか?
 前走成績では、勝ち馬の8割以上が前走3着以内で来ています。2着・3着は前走7着以内なら可能性があると考える必要があります。
 出走レースでは、毎日王冠(GII)を走った馬が13勝と圧倒的に強いです。続いて、宝塚記念(GI)・京都大賞典(GII)が5勝、更に札幌記念(GII)が3勝しています。後気になるのが神戸新聞杯(GII)を走った馬です。神戸新聞杯(GII)組は過去30年で1勝しかしていませんが、菊花賞を捨ててまで出走してくるわけですから侮る訳には行かないと思います。
 コース別では、大外8枠が少し不利では?と感じます。
CIMG3553.JPG
 さて、予想です。
 今回の人気上位馬です。
バツ1 1番人気 1 エイシンヒカリ
バツ1 2番人気 8 モーリス
バツ1 3番人気 9 ルージュバック
バツ1 4番人気 3 アンビシャス
バツ1 5番人気 12 リアルスティール
バツ1 6番人気 15 ラブリーデイ
バツ1 7番人気 14 ステファノス
 春の覇者で京都大賞典1着のキタサンブラックが出走しないのが何とも寂しい気がします。もし、出走していれば圧倒的な1番人気でしょう。
 1番人気の1エイシンヒカリですが、昨年の天皇賞(秋)で9着に敗れて以来国内では走っていません、海外で3回走って2勝していますが、6月にイギリスで6着に敗れてからは走っていません。更にGⅠで結果が出ていないという状況です、少し不安が広がります。思い切って軸から外してみたいと思います。期待できるのは、2番人気8モーリスと3番人気9ルージュバックが、過去の傾向、実績も申し分ない感じです。恐らく、この2頭のうちどちらかは、連に絡んでは来るでしょう。この2頭を軸に、7番人気迄の馬を流して行きたいと思います。特に6番人気15ラブリーデイは6歳と言う事も有り1着は期待できないでしょうが、馬券に絡んでくることは十分に期待できると思います。8モーリス・9ルージュバックに続く2頭目としてはいいかも知れません。そうすれば、投資額は抑えられると思います。只、思わぬ伏兵が馬券に絡んでくることがあります。2長けた人気の馬まで考えてしまうとお金がいくらあっても足りません。せめて前走で掲示板に入った馬までにするべきでしょう。下位人気で掲示板にも入らないのが絡んできたときは仕方がないと諦めて、絞り込むべきだと考えます。あまり投資額がかさむと、馬券が的中しても大赤字と言う事になりますので、それだけは避けないといけません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック