オッサンの競馬予想(チャンピオンズカップ)

 前回のジャパンカップは、推していた1番人気の1キタサンブラックが見事に勝ちました。2着には5番人気12サウンズオブアース、3着に6番人気17シュヴァルグランが入りました。軸馬が1着、注目した馬が3着、可能性があるだろうなと思う馬が2着に入りました。
 馬券は購入せず、家のテレビで観戦していたのですが、見事に予想が当たりました。これは気持ちが良いです。的中した要因には、9番人気の馬が4勝していたことで、下位人気の馬にも目が行った事だと思っていたのですが、入ったのは、5番人気と6番人ですから、下位人気でもなかったようです。
 只、1キタサンブラックを1着固定はという訳には行きませんでした。1キタサンブラックが勝つ確信はもう一つ持つ事が出来ませんでした。これが出来て居ればもっと気持ちが良かったのでしょうね!
CIMG3571.JPG
 12月2日は、チャンピオンズカップです。チャンピオンズカップは、それ自体今回で3回目の開催ですが、前身のジャパンカップダートと合わせると17回目の開催となります。ジャパンカップダートの時代、設立当初はジャパンカップの前日、主に東京競馬場で行われていました。その後ジャパンカップの翌週に阪神競馬で行われました。中山競馬場でも1度開催されています。距離も、東京競馬場で行われたときは2100m、他の競馬場で行われた年は、1800ⅿの距離で行われています。そのチャンピオンズカップは12月4日中京競馬場で行われます。
 過去の傾向から人気上位馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着 6回 2着 3回 3着 3回 勝率38%、連対率56%、馬券率75%
バツ1 2番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 勝率 6%、連対率 6%、馬券率13%
バツ1 3番人気 1着 1回 2着 3回 3着 1回 勝率 6%、連対率25%、馬券率31%
バツ1 4番人気 1着 3回 2着 0回 3着 1回 勝率19%、連対率19%、馬券率25%
バツ1 5番人気 1着 1回 2着 3回 3着 1回 勝率 6%、連対率25%、馬券率31%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 2回 3着 1回 勝率 6%、連対率19%、馬券率25%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 勝率 6%、連対率13%、馬券率31%
 1番人気の信頼度はかなり高い様です。後、4番人気が3勝しています。他に、11,12番人気の馬も1勝ずつしています。
 コース的にも、満遍なく勝ち鞍が出ています。出ていないコースもありますが、まだ、16回しか開催されていないので確率の範囲ないと言えるでしょう。
 前走成績では、前走4着以内で走った馬が殆ど馬券に絡んでいます。4着以下の馬が馬券に絡んだケースは、前走9着で1着が1頭、前走5着・6着で2着が1頭ずついますが、概ね前走4着以内の馬で選ぶと良いでしょう。
 前走レースでは、地方競馬の重賞競走のJBCクラッシックを走った馬が活躍しています。このレースは、地方競馬のレースですが、中央の馬も出走しています。チャンピオンズカップの重要なステップレースとなっています。他には武蔵野ステークス(GIII)、みやこステークス(GIII)、南部杯を走った馬が複数回勝っています。
 馬齢では5歳馬が8回勝っていますが、意外と4歳馬が2勝しかしていません。その代り、6歳馬が3勝となっていますので、6歳馬まで頭に入れておく必要がありそうです。
CIMG3558.JPG
 さて、予想です。
 人気上位馬は次の通りです。
バツ1 1番人気 2 アウォーディー
バツ1 2番人気 12 ゴールドドリーム
バツ1 3番人気 11 コパノリッキー
バツ1 4番人気 9 ノンコノユメ
バツ1 5番人気 15 モーニン
バツ1 6番人気 8 サウンドトゥルー
バツ1 7番人気 7 ラニ
 1番人気は、2アウォーディーです。馬齢は6歳ですが、現在6連勝中で当然軸に置くべき馬です。どうも、2番人気以降はドングリの背比べ?の様な感じがします。どちらかというと、8番人気以降の馬の中には、武蔵野ステークス(GIII)やみやこステークス(GIII)で好成績を収めた馬がゴロゴロいます。逆に、上位人気馬の中には馬券から外したい馬が3頭います。
 まず、人気上位から、外すのが前走振るわなかった11コパノリッキー(5着)、15モーニン(7着)、7ラニ(13着)を馬券から外します。ここで終われれば、4頭ですから楽なのですが、8番人気以降の馬が気になります。3頭馬券から外した代わりに8番人気以降の中から9番人気みやこステークス(GIII)1着の14アポロケンタッキーと9番人気みやこステークス(GIII)3着の5ロワジャルダンを加えたいと思います。
 これで、3連複で10通りで済みます。3連単でも、2アウォーディーを1着に固定できれば、20通りで済むと思いますが。とにかく前走で5着以下に終わった馬は避けるのが賢明でしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック