オッサンの競馬予想(桜花賞2017)

 先週の大阪杯は、予想通り5キタサンブラックが勝ちました。対抗と予想した14マカヒキは4着になりました。此処は一応予想はしていましたが残念ながら悪い方が当たってしまいました。微妙なのが、2着4ステファノスです。馬連では、3番人気7サトノクラウンから7番人気11マルターズアポジーまでを流す予想でしたが、最終オッズでは7番人気が4ステファノスになっていました。実際に馬券を買った場合果して4ステファノスを買う事が出来たのか?微妙な処です。
 さて、4月9日は桜花賞です。
 桜花賞は、1939年優秀な牝馬の選定及び優秀な繁殖牝馬を発掘するために、中山牝馬特別として創設されクラッシック競争の一つとされました。戦後「桜花賞」と名前を変え京都競馬場で行われていましたが、1950年からは繫殖で行われています。毎年レースの頃には桜が散って仕舞っていないか?心配されていますが、今年は満開の桜の中で牝馬達の戦いが見ることが出来そうですが天気が気になる処です。
CIMG2045.JPG
 過去の人気上位馬の成績と、傾向です。
バツ1 1番人気 1着12回 2着 4回 3着 3回 勝率39%、連対率52%、馬券率61%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 7回 3着 4回 勝率13%、連対率35%、馬券率48%
バツ1 3番人気 1着 4回 2着 3回 3着 2回 勝率13%、連対率23%、馬券率29%
バツ1 4番人気 1着 2回 2着 5回 3着 3回 勝率 6%、連対率23%、馬券率32%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 2回 3着 5回 勝率 6%、連対率13%、馬券率29%
バツ1 6番人気 1着 2回 2着 2回 3着 2回 勝率 6%、連対率13%、馬券率19%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 4回 3着 2回 勝率 6%、連対率19%、馬券率26%
 1番人気の信頼度は勝率39%と、平均よりは上と言った処でしょうか?概ね1着、2着は9割近くが7番人気までで決まっていますので、馬連、馬単は7番人気までで纏めればいいでしょう。3着は2桁人気の馬も6回入っていますので、どこまで買うのか?予算との兼ね合いでしょう。
 コース別では内枠より外枠が有利な感じです。1コースと4コースを走った馬が2勝ずつしていますがそれ以外は6コースから外の馬が勝っています。5コースに至っては過去31年間馬券に絡んでいません。昨年の1番人気5メジャーエンブレムが絶対的な本命と見られながら4着に敗れています。更に2コースも2着が1度だけです。この辺りは、単純に考えても外しておくことが賢明でしょう。
 前走成績では、馬券に絡んだ馬の9割以上が前走5着以内、連では9割以上が4着以内の馬が入っています。前走で掲示板を外れている馬はNGと言った処でしょうか。
 前走出走レースでは、チューリップ賞G(Ⅲ)が19勝、報知杯フィリーズレビュー(GII)5勝、アネモネステークス3勝しています、この3レースで9割近くの勝ち馬が出ています更に、この3レースの上位馬は桜花賞の優先出走権が与えられています。阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)で勝った馬に出走資格は与えられるのですが、チューリップ賞G(Ⅲ)、報知杯フィリーズレビュー(GII)、アネモネステークスを走っています。阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)から直接出走して来る馬は、何らかの出走させられない事情があったのではないかと勘ぐってしまいます。
CIMG2052.JPG
 さて予想です。
 人気上位馬です。
バツ1 1番人気 14 ソウルスターリング
バツ1 2番人気 15 アドマイヤミヤビ
バツ1 3番人気 1 ミスエルテ
バツ1 4番人気 6 リスグラシュー
バツ1 5番人気 16 ミスパンテール
バツ1 6番人気 8 カラクレナイ
バツ1 7番人気 12 アエロリット
 1番人気は14ソウルスターリング、神馬戦から負けなしで来ています。もし勝つとダンスインザムード依頼13年目ぶりの全勝での桜花賞制覇です。騎手もC.ルメールでデビュー依頼乗り続けています。阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)から、を経ての出走です。先ず負ける事は無いでしょう。しかし、配当は低いので相手を出来るだけ絞り込む必要があります。此処は1着固定で馬単で3番人気以降を流すのが良いと思います。そして、2番人気15アドマイヤミヤビが2着に来た場合には3連単1着、2着固定で、3番人気以降を流すと良いでしょう。
 あるいは、1番人気の14ソウルスターリングを外して高配当を狙う事も有かな?と考えます。その場合2番人気15アドマイヤミヤビはデイリー杯クイーンカップ(GⅢ)1着馬ですが、このレースから勝ち馬は出ていません。いずれは、このレースを走った馬から桜花賞馬が出るとは思いますが、今回はそうならないことを祈って勝ち馬から外します。同じく3番人気1ミスエルテも朝日杯フューチュリティステークス(GI)で4着に敗れいきなりの桜花賞出走です。先に述べた様にその後、走っていないというのは走らせられない事情があったのでは?と、思ってしまいます。この2頭は勝ち馬から外します。1着には4番人気6リスグラシュー・チューリップ賞G(Ⅲ)3着、5番人気16ミスパンテー・ル・チューリップ賞G(Ⅲ)2着、6番人気8カラクレナイは報知杯フィリーズレビュー(GII)1着馬です。この3頭を1着にして馬単か、3連単で、勝負したいと思います。
 いずれにせよ、14ソウルスターリングに掛けるか?外すか?どちらかを選択して勝負しないと、的中しても赤字となってしまう恐れがあります。よく考えて馬券を購入するべきでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック