オッサンのブラリ一人旅(宝塚花乃みち)

 4月9日は、競馬のGⅠ競争桜花賞が、阪神競馬場で行われました。
 阪神競馬場へは、1度行ってみようと思っていましたが、阪神競馬場へ行くのならやはりこの季節。桜も一緒に見ないと勿体無いと思い出かけました。
 という訳で、阪急宝塚駅にやって来ました。
CIMG3735.JPG
 レース迄、時間は結構あります。少し歩いてみようと、駅の南側へ進んでいくと桜並木が飛び込んできます。
CIMG3736.JPG CIMG3737.JPG
 花乃みちです。
CIMG3738.JPG CIMG3739.JPG
 宝塚花乃みちは、1924年に宝塚大劇場の開場に合わせて造成されたようです。劇場への花道と言う意味合いで花乃みちと呼んでいるようです。
 当日はあいにくの曇り空、風も強く花びらも待っていました。花吹雪を撮ることが出来なかったのが残念!
CIMG3740.JPG CIMG3741.JPG
 歩道橋の上からの桜です。宝塚大劇場の駐車場越しの桜も見事です。
CIMG3742.JPG CIMG3743.JPG CIMG3744.JPG
 劇場までやって来ました。観劇は有料ですが、建物の中へは、出入りは自由なようです。敷地には宝塚歌劇団と宝塚バウホールが併設されています。
CIMG3747.JPG CIMG3748.JPG CIMG3753.JPG
 劇場の向かいには、阪急の創業者小林一三の像が有りました。
CIMG3750.JPG CIMG3751.JPG
 劇場を過ぎても桜のトンネルが続いて行きます。
CIMG3752.JPG CIMG3754.JPG CIMG3755.JPG
 花乃みちを抜けると、手塚治虫記念館があります。又、機会を見つけて来たいと思います。
CIMG3757.JPG CIMG3758.JPG
宝塚南口駅の方が近いような気がします。南口迄歩くことにします。宝塚大橋を渡り武庫川からの景色です。
CIMG3764.JPG CIMG3765.JPG CIMG3767.JPG
 宝塚南口駅にやって来ました。
CIMG3766.JPG CIMG3768.JPG
 改札を通りホームへ。
 以前、阪急電車と言う阪急今津線を舞台にした映画が有りました。幾度もこのようなシーンが映し出されていたように思います。
CIMG3769.JPG CIMG3771.JPG CIMG3770.JPG
 この後、電車に乗り込み、3区間ほど揺られると、いよいよ阪神競馬場です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック