オッサンのブラリ一人旅(阪神競馬場)

 阪急仁川駅を降りると、阪神競馬場です。最寄り駅が仁川であることから、仁川競馬とも呼ばれる事も有ります。
CIMG3772.JPG
 改札を抜けて地下道へ進みます。昔は、横断歩道を渡る必要があり、交通整理等により渋滞が付きものでした。現在は地下道が整備されています。
 地下道では、羽織袴の馬が出迎えており、壁画も飾られギャラリーの様になっています。
CIMG3773.JPG CIMG3775.JPG
 地下道を出た途端、周りからワァ~と感嘆の声が上がります。通路の外には、桜並木が広がっています。そうです。この景色を見るために阪神競馬場へ来たようなものです。CIMG3776.JPG CIMG3777.JPG CIMG3778.JPG
 地下道を出てからも、競馬場へ屋根付きの通路が続きます。阪神競馬場へ行く場合は、雨でも傘は不要です。
CIMG3779.JPG CIMG3781.JPG
 通路の途中、外部に出る階段があります。そこからは、桜の向こうに阪神競馬場が見えます。
CIMG3780.JPG
 正面ゲートにやって来ました。此処は2階に当たります。
CIMG3782.JPG
 チケットを買って、イザ入場!入ると直ぐにパドックが有ります。
CIMG3783.JPG CIMG3784.JPG
 先ずは、取り敢えず馬券を購入です。悩みに悩んで、1番人気のソウルスターリングを1着固定にして、3連単馬券を購入です。結果は・・・・
CIMG3785.JPG CIMG3787.JPG CIMG3786.JPG
 さて、馬券も買った事だし、競馬場内を散策に・・・
 馬券売り場と、フードコートが隣接しています。フードコートからも桜が見えます。
CIMG3788.JPG CIMG3789.JPG CIMG3790.JPG
 エスカレーターで3階へ、スタンドへ向かいます。6階建てのスタンドは1991年改修され、2階以上は前面がガラス張りの冷暖房完備となっています。3階までが自由に入ることが出来ますが、4回から上は指定席で別途料金がかかります。
CIMG3791.JPG CIMG3792.JPG
 1階に降りると中央にコンコースが有り、東西に分かれています。
CIMG3797.JPG CIMG3798.JPG
 大迫力のターフビジョンは2009年、ハイビジョン対応2面マルチターフビジョンでの映像が始まりました。
CIMG3796.JPG CIMG3800.JPG
 パドックでは、いよいよ桜花賞出走馬の登場です。阪神競馬場のパドックは屋根に覆われており、雨の日でも安心です。屋根付きのパドックは阪神競馬場独特の者です。
CIMG3795.JPG CIMG3802.JPG CIMG3803.JPG
 パドックの一角には、カフェが有ります。しかし・・・女性しか入店できません。此処でお茶を飲みながらパドックを見物と言う訳です。
CIMG3804.JPG CIMG3805.JPG
 パドックを離れて西の方へ行くと、広大な敷地が広がります。
CIMG3807.JPG CIMG3808.JPG CIMG3810.JPG
 コースに向かって丘が続いています。家族連れがシートの上でお弁当を広げています。このような競馬の楽しみ方も有るのですね!
CIMG3811.JPG CIMG3812.JPG CIMG3813.JPG
 さて、肝心のレースはと言うと・・・「オッサンの競馬予想」で述べた通りの結果で・・・惨敗でした。
CIMG3816.JPG CIMG3817.JPG
 折角の桜の画像が、更新が遅れてしまったため、今更と言う感じになってしまいました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック