オッサンのブラリ一人旅(北御堂)

 南御堂を紹介した後、暫く、桜や藤と言った季節物が有り、先にそちらを紹介しなければ・・・ということで、北御堂の紹介が遅れてしまいました。
 南御堂を後にして御堂筋を北上します。ほどなく、北御堂に到着です。
CIMG3723.JPG CIMG3683.JPG
 北御堂は、正式には本願寺津村別院と言います。浄土真宗本願寺派のお寺です。これに対し南御堂は浄土真宗大谷派のお寺になります。御堂筋に面して北御堂は有ります。
 門を入ると、右側に親鸞聖人の像が鎮座しています。親鸞聖人は、鎌倉時代前期から中期にかけての僧侶です。勿論、浄土真宗の宗祖です。
CIMG3725.JPG CIMG3726.JPG
 反対側には蓮如上人の像が有ります。蓮如上人は、室町時代の浄土真宗の僧侶でしたが、当時本願寺は衰退の極みに在り、その本願寺を再興し現在の浄土真宗の礎を築いた人物です。
CIMG3727.JPG CIMG3729.JPG
 本堂です。自由に出入りは出来るようですが、内部の写真撮影が禁止されている様子はないのですが、憚られました。
CIMG3730.JPG CIMG3731.JPG
 北御堂の前を走る御堂筋は、北御堂と南御堂を結ぶことに由来するもです。
CIMG3732.JPG CIMG3724.JPG
 後で分かったのですが、北御堂のの北に御霊神社が有り、南御堂に対する難波神社,と同じような地位にある様です。
 今度の治験の時にでも訪ねてみようと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック