オッサンのブラリ一人旅(鉱石の道 明延鉱山 探検坑道)

 神子畑選鉱所を後に国道429号を走り、県道6号に入り大屋町へ向かいます。
 途中、5月の連休だというのに見事な八重桜が咲いていたのですが、このブログを執筆しているのは7月・・・海の日です。あまりにも季節外れなので画像をUPするのは控えさせていただきます。(*_ _)
 やって来たのは、明延鉱山探検坑道です。
 ここがまさに明延鉱山だった所です。
CIMG3916.JPG CIMG3915.JPG
 明延鉱山は、嘗てスズ、銅、亜鉛、タングステン等の様々な鉱脈を持つ鉱山でした。特にスズは日本一の鉱量を誇っていました。
 探検坑道は閉山後整備され現在は、近代鉱山の姿を残す貴重な産業遺産として、養父市が管理しています。坑道の総延長は650m有り、内部には、閉山まで使用されていた様々な機械が展示されています。
CIMG3917.JPG CIMG3918.JPG CIMG3919.JPG
 見学するには事前の申し込みが必要だそうです。残念ながら中に入ることは出来ませんでした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック