オッサンのブラリ一人旅(元伊勢 外宮)

 天岩戸神社のお参りを済ませ、元伊勢観光センターに戻って来ました。
 観光センターから車で元伊勢外宮へ移動です。途中猿田彦神社が有りましたが、参拝せず直接外宮へ・・・。後で知ったのですが、猿田彦神社は伊勢神宮とは直接は関係ないのですが、大江の元伊勢においては、内宮と外宮の中間に位置し重要な役割を担った可能性があるそうです。元伊勢とは内宮皇大神社・天岩戸神社と外宮豊受大神社で元伊勢三社というそうですが、元伊勢を廻るなら猿田彦神社もセットで廻るのが良いようです。ちなみに、三重県の伊勢にも猿田彦神社が有り、そちらも伊勢神宮の近くに鎮座しているそうです。
 外宮にやって来ました。
CIMG4394.JPG
 参道は内宮ほど長くは有りませんが、まっすぐに境内迄延びています。
CIMG4395.JPG CIMG4396.JPG CIMG4411.JPG
 参道を登り切り左に境内です。
CIMG4397.JPG CIMG4398.JPG
 元伊勢外宮は豊受大神社と言います。農業の神、豊受大神を護った神社で三重の伊勢神宮の元宮でもあります。元伊勢観光センターの方から聞いたのは、天照大神が次の元伊勢に旅立つとき最初に休憩をしたのが、豊受大神社だといわれていました。
 内宮と比べるとこじんまりしています。案内看板も殆ど見当たりません。
 本殿です。
CIMG4401.JPG CIMG4402.JPG
 本殿の左には多賀神社が右には土之神社が有ります。三重の伊勢神宮外宮にも同じものが有ります。
CIMG4403.JPG CIMG4404.JPG
 本殿の周囲には、内宮同様摂社末社が有ります。
CIMG4406.JPG CIMG4409.JPG
 外宮に有る龍燈の杉です。内宮の、龍灯の杉とはどう違うのか?三重の伊勢神宮には龍灯の杉は無いようです。
CIMG4407.JPG CIMG4408.JPG
 元来、天照大神は大和国の皇居にが、理想的な鎮座を求めて各地を転々とし、三重の伊勢に落ち着きました。大和国を出て最初に鎮座したのが丹波国の大江の地であるようです。その為か、元伊勢と言えばたんばここの事を指すことが多いようです。この周辺には元伊勢に関連する名所旧跡が多く点在しています。機会があれば訪ねてみたいと思います。

この記事へのコメント