オッサンの競馬予想(宝塚記念 2018)

 6月3日の安田記念。勝ったのは何と、面白そうだと推していた9番人気10モズアスコットが来ました。2着には、5番人気(更新時は6番人気)の4アエロリットが入り。3着が1番人気1スワーヴリチャードと言う結果になりました。3頭ともチェックしていた馬が来たのですが・・・、本命に推していた2番人気5ペルシアンナイト、対抗に挙げていた6番人気(更新時は4番人気)14リスグラシューは馬群に沈んでしまい結果大外れとなってしまいました。配当も3連単で63,280円と思ったほどついていません。きっと荒れるレースという事もあって、オッズが解れたのでしょう。しかし、10モズアスコットは前週も走っていただけに、本命に挙げる訳には行きませんでした。
CIMG3772.JPG
 6月24日は、宝塚記念です。
 宝塚記念は、1956年中山競馬場で有馬記念が創設されたのに対し、阪神競馬場のスタンドが落成したことに伴いその翌年(1960年)有馬記念の関西版として創設されました。その宝塚記念は6月24日阪神競馬場で行われます。
 過去の傾向と、人気上位馬の成績です
 人気上位馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着11回 2着10回 3着 3回 勝率34%、連帯率66%、馬券率75%
バツ1 2番人気 1着 8回 2着 3回 3着 2回 勝率25%、連帯率34%、馬券率41%
バツ1 3番人気 1着 5回 2着 3回 3着 7回 勝率16%、連帯率25%、馬券率47%
バツ1 4番人気 1着 0回 2着 2回 3着 6回 勝率 0%、連帯率 6%、馬券率25%
バツ1 5番人気 1着 1回 2着 3回 3着 0回 勝率 3%、連帯率13%、馬券率13%
バツ1 6番人気 1着 3回 2着 2回 3着 3回 勝率 9%、連帯率16%、馬券率25%
バツ1 7番人気 1着 0回 2着 1回 3着 2回 勝率 0%、連帯率 3%、馬券率 9%
 1番人気の信頼度は34%と3回に1回は勝っている計算になります。馬券率も75%と高いものとなっています。よほどのことが無い限り1番人気が軸になるでしょう。勝ち馬は大体6番人気迄と言った処でしょうか?2着・3着は10番人気辺りまで来ていますが12番人気から下は馬券に絡んだことがありませんので、11頭立てと言う考え方が出来るのではないでしょうか?
 コース別では、外枠が有利に感じます。特に8枠が過去32年で11勝しています。反面4枠と7枠からは勝ち馬が出ていません。
 前走成績では、やはり掲示板を外した馬は避けたいのですが、前走惨敗した馬でも、人気を集めていた馬が、宝塚記念でリベンジと言う場面が幾度もあります。前走成績と共に前走人気も考慮すべきでしょう。
 出走レースでは、天皇賞(春)(GI)組が15勝と圧倒的に強いようです。続いて安田記念(GI)からの馬が5勝、金鯱賞(GII)が4勝となっています。前走重賞を走っていない馬は外しても良いでしょう。
 馬齢では、4歳・5歳が中心となります。4歳と5歳馬で27勝挙げていますが6歳馬も4勝挙げています、侮れません。3歳馬は3着が3度あるだけです。未だこの時期に古馬と戦うのは厳しいのかも知れません。古馬と対等に戦えるのは秋以降と言う事でしょうか?
CIMG3779.JPG
 さて予想です。
 先ずは人気上位馬です。
バツ1 1番人気 3 サトノダイヤモンド
バツ1 2番人気 16 キセキ
バツ1 3番人気 7 パフォーマプロミス
バツ1 4番人気 10 ヴィブロス
バツ1 5番人気 13 ワーザー
バツ1 6番人気 9 サトノクラウン
バツ1 7番人気 8 ダンビュライト
 1番人気は3サトノダイヤモンド、凱旋門賞以降制裁を書いているという話も有りますが、帰国後最初のレース金鯱賞(GII)3着は、復帰レースとしてはこんなものだと思います。前走の大阪杯(GⅠ)は7着と惨敗しましたが、これも、それまでコンビを組んでいたC.ルメール騎手から戸崎圭太騎手に変わった事によるものだと考えています。しかし宝塚記念では、再びC.ルメール騎手が鞍上します。期待は出来るでしょう。大阪杯(GⅠ)組がまだ勝った事は有りませんが昨年から(G1)になった事により過去のデータは大阪杯組には当てはまらないかもしれません。
 2番人気16キセキは前走、日経賞(GII)9着ですがこれも、香港で走った後の、最初のレースですので、深刻に考える事は無いでしょう。しかし、日経賞(GII)からは未だ馬券に絡んだ事がありません。3番人気の7パフォーマプロミス目黒記念(GII)1番人気3着で人気に応えています。力的には1番在るとは思います。4番人気10ヴィブロスは前走アラブ首長国連邦で2着となりましたが、帰国後初レースです。5番人気は13ワーザー海外からの参戦です。7歳と言う事もあり消しても良いでしょう。6番人気9サトノクラウン去年の勝ち馬です。重い馬場なら期待できます。7番人気の8ダンビュライトは大阪杯(GⅠ)6着、天皇賞(春)(GI)を回避して前走香港で走りましたが、7着と言う結果です。面白そうなのが、10番人気5ストロングタイタン、鳴尾記念(GIII)1着馬です。鳴尾記念(GIII)からは勝ち馬こそ出ていませんが、連には絡んでいます。
 予想としては。◎3サトノダイヤモンド〇7パフォーマプロミス▲16キセキ△9サトノクラウン5ストロングタイタンという処でしょう。本命は、迷いましたが実績のある3サトノダイヤモンドにしました。

この記事へのコメント