オッサンのブラリ一人旅(元伊勢 猿田彦神社)

 天橋立を踏破した後、大江山を越え福知山市の二股駅へ駅の裏に有るのが猿田彦神社です。
 猿田彦神社は、勿論伊勢神宮にも有ります。伊勢神宮と猿田彦神社の関係は諸説あるようです、有る説では直接関係が無いように述べていることも有ります。しかし、三重の伊勢神宮にもあり、元伊勢にもあると言う事は何らかの関係が有るのではないでしょうか?
 二俣駅は、二瀬川の下流を流れる宮川沿いに有ります。この川の別名は五十鈴川・・・。三重の伊勢神宮にも同名の川が流れています。
CIMG4626.JPG CIMG4627.JPG CIMG4628.JPG
 川の側に公園が整備されています。此処から猿田彦神社への参道です。
 公園の横を通ってWILLER TRAINSをくぐって進みます。
CIMG4629.JPG CIMG4630.JPG
 線路沿いに参道が続いています。石段のすぐそばに電車の待合室が見えます。
CIMG4631.JPG CIMG4632.JPG CIMG4644.JPG
 石段を登りきると眼下に田園風景が広がります。
CIMG4633.JPG CIMG4635.JPG
 更に、奥へ進むと竹藪が広がります。
CIMG4636.JPG CIMG4637.JPG CIMG4640.JPG
 猿田彦神社は元々、この地域の二俣八幡神社に祀られていたそうですが、江戸時代に現在のところに遷座したそうです。
 二俣自体、元伊勢の吉佐宮の候補の一つです。それ故、北に皇大神宮、南に豊受大神社が有り、両宮を結ぶ神守る里とされています。御祭神の猿田彦神は神々が出雲へ帰るときに立ち会ったまみと云われ、この地では立会さんと呼ばれているそうです。
 猿田彦神社です。
CIMG4638.JPG CIMG4639.JPG
 降りて来て、少し二俣駅の方も見ようとすると丁度、特急電車通過するところでした。
CIMG4645.JPG CIMG4641.JPG CIMG4646.JPG
 未だ元伊勢に関する場所がありそうです。調べて、機会があれば行ってみたいと思います。

この記事へのコメント