オッサンの競馬予想(菊花賞 2018)

 先週の秋華賞は、本命に挙げていた1番人気11アーモンドアイが史上5頭目の牝馬3冠に輝きました。
 レースは、序盤から5番人気(更新時は4番人気)13ミッキーチャームが先頭を走り、11アーモンドアイは中盤よりやや後方を走り、3番人気2カンタービレが11アーモンドアイをマークするように追走します。最終コーナから直線に入り11アーモンドアイが圧巻の追い上げを見せます。ゴール手前で13ミッキーチャームをとらえそのままゴールしました。2カンタービレも追走しますが11アーモンドアイのスピードに敵わず3着となりました。2着には13ミッキーチャームが入りました。
 上位人気馬の中で、13ミッキーチャームだけ印を付けていませんでした。2連なら的中となるのですが3連は外した形になります。対抗に挙げていた7ラッキーライラックは馬群に沈んでしまいました。結果1番人気、5番人気、3番人気という順番で決まりましたが、配当は3連単で5,600円と思ったよりも低く、面白みのないものとなっています。
CIMG3574.JPG
 10月21日は菊花賞です。クラッシック最後のレースです。そして、3歳馬には未知の領域3,000mを走ります。
 過去の傾向です。
 人気上位馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着12回 2着 4回 3着 5回 勝率38%、連対率50%、馬券率66%
バツ1 2番人気 1着 2回 2着 7回 3着 3回 勝率 6%、連対率28%、馬券率38%
バツ1 3番人気 1着 6回 2着 1回 3着 8回 勝率19%、連対率22%、馬券率47%
バツ1 4番人気 1着 2回 2着 4回 3着 1回 勝率 6%、連対率19%、馬券率22%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 3回 3着 2回 勝率 6%、連対率16%、馬券率22%
バツ1 6番人気 1着 2回 2着 3回 3着 4回 勝率 6%、連対率16%、馬券率28%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 3回 3着 3回 勝率 3%、連対率13%、馬券率22%
バツ1 8番人気 1着 3回 2着 0回 3着 1回 勝率 9%、連対率 9%、馬券率13%
 1番人気の信頼度はかなり高く、約4割近く1番人気が勝っています。しかし、1番人気が沈んだ場合は10番人気の馬でも勝った例が有りますので、うまく穴馬を見付ける事が出来れば、高配当を狙う事も出来るでしょう。
 コース的には、内側1枠、2枠か外、8枠を走る馬が結構、勝っています。中央を走る馬がやや不利なのかも・・・特に6枠からは勝ち馬が出ていません。
 前走成績では、勝ち馬の85%以上が前走3着以内で走っています。2着、3着馬でも、掲示板確保絶対だと思います。
 前走レースでは、やはりトライアルレースのセントライト記念(GII)を走った馬から選ぶこととなります。馬券に絡んだ馬の殆どがこの2レースを走っています。春のGⅠで好成績を収めた馬にも出走資格は有るのですが春のGⅠから直接出走して来た馬が馬券に絡んだのは1例しかありません。やはり、秋に1度は走っておかないと菊花賞で結果を出すのは難しいのでしょう。
CIMG3575.JPG
 さて予想です。
 人気上位馬から。
バツ1 1番人気 3 ブラストワンピース
バツ1 2番人気 9 エタリオウ
バツ1 3番人気 5 エポカドーロ
バツ1 4番人気 4 ジェネラーレウーノ
バツ1 5番人気 14 グロンディオーズ
バツ1 6番人気 12 フィエールマン
バツ1 7番人気 6 メイショウテッコン
バツ1 8番人気 2 グレイル
 1番人気は3ブラストワンピース、力的には出走馬の中では抜きん出ています。只、前走はトライアルレースではなく新潟記念(GIII)です。新潟記念(GIII)からの出走で未だ馬券に絡んだ事がありません。そこが不安材料です。
 2番人気9エタリオウがこれに続きます。ダービー4着、神戸新聞杯(GII)2着と不安材料もありません。
 3番人気5エポカドーロは皐月賞馬、ダービー2着と実績は十分ですが神戸新聞杯(GII)4着が気になる処です。しかし、この馬を外すことは出来ません。
 4番人気の4ジェネラーレウーノはセントライト記念(GII)1着馬、勢いは有ると思います。
 5番人気14グロンディオーズは重賞初挑戦ですが、4戦3勝3着1回と馬券率100%です。
 6番人気12フィエールマンに至っては3戦2勝2着1回と連対率100%ですが、前走が2着だったことから6番人気に甘んじる結果となっているのでしょう。
 7番人気の6メイショウテッコンは神戸新聞杯(GII)3着、8番人気2グレイルもセントライト記念(GII)3着です。
 ダービー馬で、神戸新聞杯(GII)でも勝ったワグネリアンが走らないのは寂しい限りです。

この記事へのコメント