オッサンの競馬予想(天皇賞秋 2018)

 10月21日の菊花賞の予想ですが▲で4ジェネラーレウーノとする所を、3ブラストワンピースとしてしまいました。申し訳ありません。
 結果は、△印の1頭、7番人気(更新時は6番人気)12フィエールマンが勝ちました。本命に挙げていた2番人気9エタリオウが入り何とか馬連は的中となりました。実は馬券を購入したのですが、1番人気3ブラストワンピースと5エポカドーロの影がチラつき、軸を9エタリオウに絞り切れませんでした。結局、的中したのに赤字になってしまいました。
 レースは、終盤まで4番人気4ジェネラーレウーノが先頭を走り3番人気5エポカドーロが先頭集団に着けます。3ブラストワンピース9エタリオウ12フィエールマンは中断に控えます。最終コーナで9エタリオウが仕掛け、一旦は先頭に立ちますが、馬群を割って12フィエールマンがやって来ます。最後は2頭の叩き合い、12フィエールマンがレースを制しました。3着には、10番人気の7ユーキャンスマイルが入りました。7番人気、2番人気、10番人気での決着です。配当は3連単で、10万590円意外と低いように思います。
CIMG3775.JPG
 10月28日は天皇賞秋です。
 現在も、天皇賞はJRA最高峰のレースであるとともに、秋は、中距離馬の最強を決めるレースという性格も持っています。
 その、秋の天皇賞は10月28日東京競馬場で行われます。
 人気上位馬の成績と、過去の傾向です。
バツ1 1番人気 1着10回 2着 7回 4着 5回 勝率31%、連対率53%、馬券率66%
バツ1 2番人気 1着 5回 2着 6回 3着 4回 勝率16%、連対率34%、馬券率47%
バツ1 3番人気 1着 5回 2着 0回 3着 4回 勝率16%、連対率16%、馬券率28%
バツ1 4番人気 1着 3回 2着 5回 3着 2回 勝率 9%、連対率25%、馬券率31%
バツ1 5番人気 1着 5回 2着 3回 3着 4回 勝率16%、連対率25%、馬券率38%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 3回 3着 4回 勝率 3%、連対率13%、馬券率25%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 4回 3着 0回 勝率 3%、連対率16%、馬券率16%
 1番人気の信頼度は少し低いのかも知れません。しかし此処のところ3年続けて1番人気が勝っています。過去10年でも5回1番人気が勝っています。それと同時に、勝ち馬の9割近くが5番人気以内で決まっています。勝ち馬に関しては5番人気迄で絞れば良いでしょう。
 コースでは、内が少し有利なように思われます。
 前走成績では関しての8割以上が馬券に絡んでいます。2着、3着馬でも掲示板を確保しています。
 前走レースでは、優先出走権が獲得できる毎日王冠(GII)からの出走が飛び抜けて強いです。続いて宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)、札幌記念(GII)を走った馬が複数回勝っています。特に京都大賞典(GII)は毎日王冠(GII)と同じように勝ち馬には優先出走権が与えられます。産経賞オールカマー(GII)も優先出走権が与えられますが残念ながら未だ勝ち馬が出ていません。
 馬齢的には、4歳馬、5歳馬が中心となります。それに、3歳馬、と6歳馬がどのように絡んで来るのか?といったところです。7歳以上の馬になると馬券に絡むのも苦しいと思います。
 さて予想です。まずは人気上位馬から。
バツ1 1番人気 5 スワーヴリチャード
バツ1 2番人気 4 レイデオロ
バツ1 3番人気 6 マカヒキ
バツ1 4番人気 9 サングレーザー
バツ1 5番人気 10 キセキ
バツ1 6番人気 7 アルアイン
バツ1 7番人気 3 ヴィブロス
 1番人気は5スワーヴリチャード、安田記念(GI)からの参戦です。安田記念(GI)からは未だ勝ち馬が出ていませんが力的には十分本命に推されるだけの力は有ります。
 2番人気の4レイデオロは昨年のダービー馬で、産経賞オールカマー(GII)を勝っての出走です。ステップレース、でありながら産経賞オールカマー(GII)からも勝ち馬が出ていません。この2頭が抜けている印象ですが共に勝ち馬が出ていないレースからの出走です。
 3番人気6マカヒキも1昨年のダービー馬で、札幌記念(GII)2着馬です。
 4番人気は9サングレーザー、札幌記念(GII)を勝っての出走です。GⅠ初勝利を狙います。
 5番人気10キセキも昨年の菊花賞馬、毎日王冠(GII)3着ですが、旬が過ぎたような印象です。
 6番人気の7アルアイン昨年の皐月賞馬、産経賞オールカマー(GII)2着馬です。
 7番人気3ヴィブロスも1昨年の秋華賞です。ここまでで9サングレーザーを除いた6頭がGⅠ馬です。更に8番人気11ミッキーロケットも宝塚記念,1着馬です。
 やはり、5スワーヴリチャード、4レイデオロが抜けています。不安材料も有りますが、どちらかを本命に考えるべきでしょう。問題は3頭目です。どの馬も旬が過ぎたようなかんじで前の2頭と力の差を感じます。ドングリの背比べといったところです。1頭軸の馬連、馬単、あるいは、2頭軸の3連複、3連単で8番人気11ミッキーロケットまで流す事になると思います。
 予想としては、◎5スワーヴリチャード〇4レイデオロ▲9サングレーザー△6マカヒキ、10キセキ、7アルアインと言って処でしょうか?
 5スワーヴリチャードは近年の1番人気の成績から本命にしました。そうなると当然対抗は4レイデオロ。穴馬には、札幌記念(GII)を勝った9サングレーザーの勢いを買いました。

この記事へのコメント