オッサンのブラリ一人旅(有岡城~宮の前)

 酒蔵通りの北側の通りに宮の前文化の郷が有ります。
 3年前は、残念ながら休館日で見学することはかないませんでした。今回は中に入ることが出来ました。
 先ずは旧岡田家住宅です。江戸時代、1674年に建てられた町屋で、当初から酒造業を営んでいたそうです。住宅ではありますが、店舗と酒蔵も兼ねていました。岡田家の所有になったのは明治になってからですが、現存する町屋としては兵庫県最古のものです。
CIMG1199.JPG
 内部は、酒造業の展示などを行っています。
CIMG4847.JPG CIMG4871.JPG CIMG4873.JPG
 丁度この日は、酒蔵の奥でアールヌーボーの展示が行われていました。少し覗いて視ると、何だか幻想的な感じがします。
CIMG4848.JPG CIMG4849.JPG
 隣には旧石橋家住宅が有ります。建物の裏に周ると岡田家と自由に行き来出来ます。
CIMG4861.JPG
 旧石橋家住宅は江戸時代後期に建てられた商家で、建設当時の店構えを残しています。住居部分も当時のまま残されています。
CIMG4855.JPG CIMG4858.JPG CIMG4859.JPG
 2階からの景色です。美術館の中庭を撮ってみました。
CIMG4857.JPG CIMG4854.JPG
 石橋家は県の指定文化財になっています。
 旧石橋家住宅の隣に新町家が有ります。これは新たに建設された物の様です。
CIMG4862.JPG
 岡田家住宅、石橋家住宅、新町家に柿衛文庫、伊丹市立美術館を合わせた一帯の文化ゾーンをみやのまえ文化の郷と称しています。
 中庭からの風景です。
CIMG4863.JPG CIMG4868.JPG
 暫く、付近を散策し、帰路に付く前に居酒屋で時間を潰し駅前に来てみると、3年前には興味を持たずに気が付かなかったのですが、塔がライトアップされていました。フランドルの鐘です。
 フランドルの鐘は1990年伊丹市の姉妹都市ベルギーのハッセルト市より寄贈された物です。塔自体が楽器という感じになっています(これをカリヨンと言うそうです)。塔の最上部には演奏室が有り、43個の鐘を演奏するそうです。
CIMG4875.JPG CIMG4876.JPG CIMG4877.JPG
 もしかして、上へ登ることが出来るのでは?と言ってみたのですが、施錠されていました。かなり前から有る塔なのですが気が付きませんでした。
 これはWordPresでも公開しています。
 http://showyoutei.net

この記事へのコメント