オッサンの競馬予想(ジャパンカップ2018)

 11月18日のマイルチャンピオンシップは、対抗に推していた5番人気1ステルヴィオが勝ちました。本命を6番人気7ロジクライと迷ったのですが、毎日王冠(GII)からマイルチャンピオンシップを勝った馬がいない事から本命から外したのですが、結果は逆になりました。7ロジクライは結局14着に終わっています。2着は去年の覇者3番人気2ペルシアンナイトが意地を見せました。3着が4番3アルアインとなりました。
 レースは序盤から2番人気15アエロリットが引っ張り、3アルアインは先頭集団を走ります。1ステルヴィオ、2ペルシアンナイトは中段でチャンスをうかがいます。4コーナを回ったところで3アルアインが1度は先頭に立ちますが、直に内から1ステルヴィオ、2ペルシアンナイトが抜き去ります。そのままゴールとなりました。
 1ステルヴィオの力は認めつつ本命に出来なかったのは、データ重視の予想を現在していますので、過去に例の無い結果を予想は出来ませんでした。過去に1度でも毎日王冠(GII)が勝っていれば予想は変わっていたでしょう。
CIMG3773.JPG
 11月25日はジャパンカップです。優勝賞金も国内の競馬では最高額のレースです。
 過去の傾向から、上位人気馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着 6回 2着 6回 3着 8回 勝率19%、連対率38%、馬券率63%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着11回 3着 3回 勝率13%、連対率47%、馬券率58%
バツ1 3番人気 1着 5回 2着 1回 3着 3回 勝率16%、連対率19%、馬券率28%
バツ1 4番人気 1着 5回 2着 1回 3着 3回 勝率16%、連対率19%、馬券率28%
バツ1 5番人気 1着 3回 2着 4回 3着 1回 勝率 9%、連対率22%、馬券率25%
バツ1 6番人気 1着 3回 2着 2回 3着 5回 勝率 9%、連対率16%、馬券率31%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 3回 3着 3回 勝率 3%、連対率13%、馬券率22%
バツ1 8番人気 1着 1回 2着 0回 3着 2回 勝率 3%、連対率 3%、馬券率 9%
バツ1 9番人気 1着 4回 2着 1回 3着 1回 勝率13%、連対率16%、馬券率19%
 1番人気の信頼度は勝率が19%とかなり低いものになっています。馬券率はそれなりです。6番人気辺りまで複数回勝っています。更に9番人気でも4勝しているのは特筆すべきことです。それだけ実力の有る馬が多く出走しているという事なのでしょう。
 コース的にも、12コースを走る馬以外満遍なく勝ち馬が出ています。強いて言うなら内側がやや有利か?と思いますがそんなに気にする事は無いでしょう。
 前走成績では、勝ち馬の9割以上が前走4着以内で走っています。馬券に絡む馬も5着以内と言う事で掲示板確保は絶対条件です。
 出走レースでは、天皇賞(秋)(GI)が過去32年で10勝、2着10回、3着18回となっています。以前は外国馬が、強かったのですが2006年以降馬券にも絡んでいません。それだけ日本の馬のレベルが上がったのか?強い馬が来なくなったのか?頭数も近年は2頭程度と寂しいものになっています。天皇賞(秋)(GI)組に続くのが、5勝の京都大賞典(GII)組、菊花賞(GI)からの出走も2勝しています。後は、秋華賞(GI)アルゼンチン共和国杯(GII)凱旋門、毎日王冠(GII)を走った馬も勝っています。
 馬齢的に見ると、3歳5勝、4歳16勝、5歳8勝、6歳2勝となります。6歳以上は苦しいのでは?と思います。
 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬から
バツ1 1番人気 1 アーモンドアイ
バツ1 2番人気 11 スワーヴリチャード
バツ1 3番人気 3 サトノダイヤモンド
バツ1 4番人気 8 キセキ
バツ1 5番人気 9 シュヴァルグラン
バツ1 6番人気 12 カプリ
バツ1 7番人気 6 サンダリングブルー
バツ1 8番人気 5 ミッキースワロー
バツ1 9番人気 14 ウインテンダネス
 1番人気は牝馬3冠の1アーモンドアイです。ジェンティルドンナ以来の3歳牝馬でのジャパンカップ制覇を狙います。鞍上もアーモンドアイに乗りなれているC.ルメールメガティブなイメージは見当たりません。古馬の牡馬たちにどこまで通用するのか?見どころです。
 2番人気の11スワーヴリチャードは前走天皇賞(秋)(GI)で1番人気ながら10着と惨敗しているのが気になります。
 3番人気3サトノダイヤモンドは1年以上勝ちから遠ざかっていましたが前走、京都大賞典(GII)で勝ち完全復活をジャパンカップで期待されます。
 4番人気は8キセキ天皇賞(秋)(GI)を6番人気ながら3着で来ています。
 5番人気9シュヴァルグラン京都大賞典(GII)です。6歳という馬齢が気になります。
 6番人気の12カプリ、7番人気6サンダリングブルーは海外からの参戦です。データが無いだけに何とも言えませんが、外国馬の健闘も願いたい処です。
 8番人気が5ミッキースワローは札幌記念(GII)13着と苦しいのでは?と感じます
 9番人気14ウインテンダネスはアルゼンチン共和国杯(GII)で4着と言う成績です。
 軸はやはり1番人気の1アーモンドアイでしょう。相手は、3サトノダイヤモンドか8キセキそこから下位人気まで流していく事になります。
 予想としては◎1アーモンドアイ○8キセキ▲3サトノダイヤモンド△9シュヴァルグラン、11スワーヴリチャード、12カプリと言ったところです。11スワーヴリチャードは思い切って外したい処ですが力的には外す訳にはいきません。12カプリも1頭は外国馬を押えておく必要が有るのでは?と思いました。

この記事へのコメント