オッサンの競馬予想(有馬記念 2018)

 12月16日の朝日杯フューチュリティステークスは、2番人気6アドマイヤマーズが勝ちました。2着には9番人気1クリノガウディーが前走7着にも関わらず入りました。データーが覆された形となりました。3着は1番人気2グランアレグリアとなりました。本命に挙げた3番人気14ファンタジストは惜しくも4着と馬券を外しました。
 レースは、序盤1番人気2グランアレグリアと2番人気6アドマイヤマーズが2番手、3番手と先頭集団に就けます。1クリノガウディーも4・5番手争いをしています。最後の直線に入り、1番人気2グランアレグリアと2番人気6アドマイヤマーズが先頭に立ちデッドヒートを演じます。最後は2番人気6アドマイヤマーズが1番人気2グランアレグリアを突き放します。その間隙を縫って、9番人気1クリノガウディーが2着に割り込みました。
 結果、枠連でも万馬券となる高配当となりました。
CIMG3773.JPG
 12月23日は、有馬記念です。今年最後のGⅠレースと云いたいのですが、昨年からホープフルステークスだ設立されましたので、最後とはなりません。しかし、ホープフルステークスは平日に行わますので、ブログで予想という訳には行きません。このブログは有馬記念が最後となります。
 その有馬記念は12月23日中山競馬場で行われます。
 これまでの傾向と対策です。
 人気馬の成績です。
バツ1 1番人気 1着13回 2着 7回 3着 3回 勝率41%、連対率63%、馬券率72%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 4回 4着 4回 勝率13%、連対率25%、馬券率38%
バツ1 3番人気 1着 1回 2着 4回 3着 6回 勝率 3%、連対率16%、馬券率34%
バツ1 4番人気 1着 8回 2着 2回 3着 4回 勝率25%、連対率31%、馬券率44%
バツ1 5番人気 1着 0回 2着 4回 3着 1回 勝率 0%、連対率13%、馬券率16%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 2回 3着 3回 勝率 3%、連対率 9%、馬券率19%
バツ1 7番人気 1着 0回 2着 2回 3着 1回 勝率 0%、連対率 6%、馬券率 9%
 1番人気の白井度は勝率40%越えで馬券率になると72%と高いものになっています。後4番人気が8勝と2番、3番人気より上回っています。4番人気が迄で勝ち馬の8割を占めています。しかし、2着以降は下位人気でもかなりの確率で来ています。となると、3連で的中させるのはかなり難しいのかも知れません。
 コース別では、外側を走る馬が不利なようです。特に大外16コースを走る馬は過去32年間連にすら絡んでいません。大外は外した方が良いでしょう。
 前走成績では、馬券に絡んだ馬の8割以上が掲示板を確保していますが、惨敗した馬でも馬券に絡んだ例が2割近くありますので、前走人気を集めながら惨敗した馬は要チェックと言えるでしょう。
 前走レースでは、ジャパンカップ(GI)、菊花賞(GI)、天皇賞(秋)(GI)のビッグレースからの出走馬がやはり強いですね。全体の7割以上がこの3レースから勝っています。それに続くのがアルゼンチン共和国杯(GII)凱旋門賞を走った馬が各2勝しています。
 馬齢的には、3歳馬がかなり強い感じです。クラッシックやビッグレースを経験し力が有る上に、斤量も55㎏と古馬より軽いというハンディを活かしての結果でしょうが無視はできません。勝ち馬は3歳~5歳まで、連、馬券となると7歳でも可能性は有るかも知れません。
 さて、予想です。
 人気上位馬です。
バツ1 1番人気 12 レイデオロ
バツ1 2番人気 1 オジュウチョウサン
バツ1 3番人気 14 キセキ
バツ1 4番人気 8 ブラストワンピース
バツ1 5番人気 3 モズカッチャン
バツ1 6番人気 6 サトノダイヤモンド
バツ1 7番人気 11 ミッキーロケット
 1番人気は12レイデオロ、天皇賞(秋)(GI)の勝ち馬です。デビュー以来掲示板を外したことがありません。力的には出走馬の中で一番有ると思います。
 2番人気の1オジュウチョウサンは、障害競走から芝へ転向して2連勝中で、注目の馬です。しかし、7歳という高齢と南武特別からは馬券に絡んだ例は無く苦しいかと思います。
 3番人気14キセキはジャパンカップ(GI)2着馬です。恐らく、アーモンドアイがいなければ1着だったと思われます。天皇賞(秋)(GI)も3着と好調を維持しています。
 4番人気は8ブラストワンピースです。今回、唯一の3歳馬です。特に今年の3歳馬は強い、とにかく強い!馬券を外したのはGⅠのみ、今回GⅠ初勝利を目指します。
 5番人気が3モズカッチャン、エリザベス女王杯(GI)3着馬です。
 6番人気の6サトノダイヤモンドですが、去年の天皇賞春で3着に敗れてからは僅か1勝と苦しんでいます。この有馬記念が引退レースです。幾頭も有終の美を飾っています。不思議な力が働くのかも知れません。何とか復活して欲しいと思います。
 7番人気は11ミッキーロケット、天皇賞(秋)(GI)で5着に敗れています。少し苦しいのかも知れません。
 12レイデオロと14キセキが中心となるでしょう。軸をどちらにするか?が鍵となります。予想としては◎12レイデオロ○14キセキ▲8ブラストワンピース△1オジュウチョウサン、3モズカッチャン、6サトノダイヤモンド、5パフォーマプロミスとなりました。5パフォーマプロミスは現時点では8番人気ですが、アルゼンチン共和国杯(GII)で勝っています。出走前に人気が入れ替わるかも知れません。

この記事へのコメント