オッサンの競馬予想(フェブラリーステークス 2019)

 今更ながら、年末の有馬記念の回想から述べます。
 有馬記念では、3番人気(更新時は4番人気)の3歳馬8ブラストワンピースが勝ちました。2018年の3歳馬は強いと言った通りになりました。本命に挙げていた1番人気12レイデオロも2着に入り一応的中となったのですが、配当が予想より低く結局赤字と言う結果になってしまいました。3着には9番人気15シュヴァルグランが来ました。考えてみれば15シュヴァルグランの3着もあり得る事でした。敗因としては12レイデオロの相手に8ブラストワンピースに絞れなかった事です。それにより、何通りもの馬券を買ってしまい、的中はしても赤字となってしまいました。もし絞れていたら、3連複、3連単も的中していたかも知れません。
CIMG3575.JPG
 2月17日はフェブラリーステークスです。毎年GⅠ戦線の開幕となる、春のダート王を決めるレースです。
 フェブラリーステークスはJRAのダート重賞で最も古いレースです。1984年「フェブラリーハンディキャップ」GⅢとして創設され、1994年フェブラリーステークスとなり、GⅡに昇格しました。そして、1997年ダートのレースとして初めてのGⅠに昇格しました。
 そのフェブラリーステークスは2月17日東京競馬場で行われます。
 それでは、過去の傾向です。
 人気別の成績から。
バツ1 1番人気 1着 9回 2着 3回 3着 4回 勝率36%、連対率48%、馬券率64%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 5回 3着 4回 勝率16%、連対率36%、馬券率52%
バツ1 3番人気 1着 3回 2着 5回 3着 2回 勝率12%、連対率32%、馬券率40%
バツ1 4番人気 1着 2回 2着 3回 3着 4回 勝率 8%、連対率20%、馬券率36%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 4回 3着 0回 勝率 8%、連対率24%、馬券率24%
バツ1 6番人気 1着 3回 2着 0回 3着 4回 勝率12%、連対率12%、馬券率28%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 2回 3着 3回 勝率 4%、連対率12%、馬券率24%
 1番人気の信頼度は、勝率は高目ですが、馬券率となると標準的か?と思います。勝ち馬の殆どが7番人気迄で占められています。此処から消去方で消せる馬を探して絞り込めると良いのですが…。
 コースでは外枠が有利なようです。8枠から5頭、7枠から4頭勝ち馬が出ています。これはGⅠになってからの成績です。
 前走成績で考えると、勝ち馬が前走3着以内、連対、馬券共に掲示板確保と言うのが絶対的な条件です。
 前走レスでは、根岸ステークス(GIII)、チャンピオンズカップ(G1)からの参戦がかく5勝とリードしています。前走地方競馬を走った馬達も4勝しています。後は平安ステークス(GIII)と東海テレビ杯東海ステークス(GII)を走った馬も要チェックです。
 馬齢的には、ダート戦は年齢が上がっても、若い馬達と戦えるようです。特にこの時期の6歳馬は未だ力の衰えを感じさせません。5歳馬と同等に考えるべきでしょう。さすがに7歳8歳馬からの勝ち馬は出ていませんが、馬券には十分絡んできます。この時期のダートは1歳マイナスに考えるのが良いでしょう。
 さて予想です。
 人気上位から。
バツ1 1番人気 6 インティ
バツ1 2番人気 11 コパノキッキング
バツ1 3番人気 3 ゴールドドリーム
バツ1 4番人気 14 オメガパフューム
バツ1 5番人気 10 サンライズソア
バツ1 6番人気 13 ノンコノユメ
バツ1 7番人気 7 サンライズノヴァ
 1番人気は6インティ、デビュー戦こそ9着に敗れましたが、その後現在まで6連勝中、鞍上が武豊騎手に変わってからも4連勝中の5歳馬です。1,700m・1,800mの経験は有りますが、1,600mの経験は有りません、しかしこの位なら距離が短いと言う事にはならないでしょう。
 2番人気の11コパノキッキングは注目の藤田菜七子騎手が騎乗します。菜七子人気で2番人気なのか?と思いきや、現在4連勝中で9回走って7勝、2着1回と素晴らしい成績です。更に最強の4歳馬世代です。只最も長い距離が1,400mと距離の壁が心配されます。それに、藤田騎手が乗ると言う事でそこをマイナスに考えている専門家もいるようです。
 3番人気は3ゴールドドリーム、力的にはメンバーの中でトップです。6歳馬となりましたがダートでは十分に若い馬に対抗できます。安定感も№1です。本命に挙げている専門家は多い様です。
 4番人気が14オメガパフュームこちらも最強の2,015年生まれの最強世代です。成績も9戦で5勝、2着2回3着1回となっています。東京競馬場のダートで1,600mでも3着と結果を残しています。11コパノキッキング以上に期待が出来るのではないでしょうか?
 5番人気10サンライズソア、平安ステークス(GIII)で勝った後シリウスステークス(GIII)、JBCクラシック(GI)チャンピオンズカップ(GI)と3戦続けて3着に入っています。馬券に絡む可能性は有るでしょう。
 6番人気の13ノンコノユメは去年の覇者ですが、7歳馬。馬齢的に1着は苦しいかと思います。
 7番人気は7サンライズノヴァですが、2戦連続で掲示板から外れています。少し苦しいのではと考えます。
 予想としては、◎3ゴールドドリーム○14オメガパフューム▲6インティ、11コパノキッキング△10サンライズソア、7サンライズノヴァ、13ノンコノユメとなりました。
 恐らく、2頭の4歳馬のどちらかが馬券に絡んで来ると呼んでいます。2連なら3ゴールドドリームを軸に流して行く事になります。3連なら3ゴールドドリーを軸に相手を14オメガパフュームか11コパノキッキングにして、3頭目を流していきたいと思います。

この記事へのコメント