オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2019)

 先週のNHKマイルカップは2番人気の17アドマイヤマーズが序盤に中段に位置取りをし、最後の直線で外から一気に捲り勝ちました。2着には17アドマイヤマーズに追走するように14番人気の18ケイデンスコールが続きます。3着には7番人気10カテドラルが入りました。やはり、NHKマイルカップは有れるレースですね。今回も3連単で41万馬券となりました。
 1番人気の7グランアレグリアは序盤から好位置をキープしていたのですが伸びきる事が出来ず、4着から進路妨害の為5着に降着しました。更に騎乗のC.ルメールは16日間の騎乗停止となりました。これにより、今後の予想に影響を及ぼすことになりそうです。
CIMG3796.JPG
 5月12日は、ヴィクトリアマイルです。春に古牝馬のGⅠレースが無かった事から2006年に新設されたレースです。以前は優秀な牝馬は早く引退させ繁殖させるべきという考えでしたが、秋のエリザベス女王杯が3歳以上牝馬のGⅠとして行われるようになり、牝馬の競走馬としての寿命も延びた事からヴィクトリアマイルが生まれました。
 過去13回のレースで、3連単100万越えが2回、10万越えが3回、5万越えが4回と高額配当が高確率で出ています。逆に言えば的中させるのが難しいレースとも言えるでしょう。そのヴィクトリアマイルは5月12日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
バツ1 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 勝率25%、連対率58%、馬券率58%
バツ1 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 Ⅰ回 勝率17%、連対率17%、馬券率25%
バツ1 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 勝率 0%、連対率17%、馬券率33%
バツ1 4番人気 1着 1回 2着 0回 3着 2回 勝率 8%、連対率 8%、馬券率25%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 1回 3着 1回 勝率17%、連対率25%、馬券率33%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 勝率 8%、連対率 8%、馬券率17%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 勝率 8%、連対率17%、馬券率42%
 1番人気の信頼度は勝率25%とかなり低いものとなっています。2桁人気も2度勝っています。18番人気の馬も1度3着に入っていますが、これは稀なケースととらえて良いでしょう。今までのケースで云うと、12番人気迄で馬券を構成することになります。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)組がダントツの成績です。1着5回、2着6回、3着4回となっています。他には読売マイラーズカップ(GII)が2勝しています。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)からの馬がポイントUPと見るのが良いのか?と思います。
 馬齢的には、勝ち馬は4歳5歳、馬券で6歳迄に絞ると少しは、投資額が減るでしょう。
 さて予想です。
 先ずは人気上位馬。
バツ1 1番人気 6 ラッキーライラック
バツ1 2番人気 9 プリモシーン
バツ1 3番人気 11 アエロリット
バツ1 4番人気 2 レッドオルガ
バツ1 5番人気 4 ノームコア
バツ1 6番人気 7 ミッキーチャーム
バツ1 7番人気 15 カンタービレ
 1番人気は6ラッキーライラックです。アーモンドアイの陰に隠れていますが、アーモンドアイが居なければクラシック3冠も夢ではなかった馬です。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)は8着と惨敗しましたが、出走馬の中では№1のちからを持っています。
 2番人気9プリモシーンはダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)で3番人気の2着牝馬の中ではトップの順位でした。
 3番人気が11アエロリット海外遠征後初のレースです。
 4番人気の2レッドオルガは最近1レース置きに馬券に絡んでいます。今回は馬券に絡む順番です。
 5番人気は4ノームコアです。ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)7着ながら1番人気でした。
 6番人気7ミッキーチャームはサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の勝ち馬です。もっと人気を集めても良さそうだと思います。
 7番人気の15カンタービレ、2戦続けて掲示板を外しています。
 予想としては◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラック△11アエロリット、2レッドオルガ、4ノームコアと言ったところです。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックは前走成績や、実績で選びました。しかし△印の3頭は全て不安が残ります。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックの中から軸を決め流すのが良いと思います。

この記事へのコメント