オッサンの競馬予想(宝塚記念 2019)

 6月2日の安田記念は、序盤から好位置をキープしていた4番人気の5インディチャンプが残り100mのところで先頭に立ちそのまま1着でゴールしました。2着には序盤からレースを引っ張っていた3番人気2アエロリットがゴール前で5インディチャンプにかわされ2着となりました。本命の1番人気14アーモンドアイは終盤の追い上げも及ばず、3着に敗れました。
 予想で、3番人気以降を単勝で流すのはどうか?と提案しましたがその通りになりました。予想が当たったというより、負けない競馬をしたという感じです。これは、14アーモンドアイに人気が集中したために、出来たことです。こういう馬券の買い方が出来るのは限られています。
CIMG3779.JPG
 さて、6月23日は宝塚記念です。
 宝塚記念は、有馬記念同様にファン投票で出走馬を決めています。しかし、選ばれたからと言っても、選ばれた馬が全て走る訳ではありません。その為当然走るであろうと思われていた馬が出走しないというような事もあります。
 有馬記念が1年を締めくくるレースであるのに対し、宝塚記念は上半期の実力№1を決めるレースとして位置付けられています。
 その宝塚記念は6月23日阪神競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
バツ1 1番人気 1着11回 2着10回 3着 3回 勝率33%、連帯率64%、馬券率73%
バツ1 2番人気 1着 8回 2着 3回 3着 2回 勝率24%、連帯率33%、馬券率39%
バツ1 3番人気 1着 5回 2着 3回 3着 7回 勝率15%、連帯率24%、馬券率45%
バツ1 4番人気 1着 0回 2着 2回 3着 6回 勝率 0%、連帯率 6%、馬券率24%
バツ1 5番人気 1着 1回 2着 3回 3着 0回 勝率 3%、連帯率12%、馬券率12%
バツ1 6番人気 1着 3回 2着 2回 3着 3回 勝率 9%、連帯率15%、馬券率24%
バツ1 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 2回 勝率 3%、連帯率 6%、馬券率12%
 1番人気の信頼度は、33%と3回に1回勝っていることになりますが、ここ2年馬券を外しています。3番人気迄の勝率は7割を超えています。
 コース的には、外を走る馬がやや有利かと思われます。特に8枠と6枠の馬で19勝しています。
 前走成績は、連対するためには掲示板が絶対条件となるでしょう。
 前走レースでは、天皇賞(春)(GI)組が半分近く勝っています。続いて安田記念(GI)、金鯱賞(GII)が複数回勝っています。勝ち馬はこの辺りで絞りたいですね。
 さて、予想です。
 人気上位馬です。
バツ1 1番人気 2 レイデオロ
バツ1 2番人気 1 キセキ
バツ1 3番人気 4 アルアイン
バツ1 4番人気 12 リスグラシュー
バツ1 5番人気 3 エタリオウ
バツ1 6番人気 11 スワーヴリチャード
バツ1 7番人気 7 マカヒキ
 1番人気は2レイデオロ海外遠征後初めてのレースです。国内では掲示板から外れた事は有りません。
 2番人気の1キセキは大阪杯(GI)2着馬です。一昨年の菊花賞(GI)を制して以来勝ちから遠ざかっています。
 3番人気が4アルアイン大阪杯(GI)の勝ち馬。GⅠレースで2勝しています。
 4番人気12リスグラシューも海外遠征帰りです。しかも3着と結果を出しています。
 5番人気は3エタリオウですが、デビュー以来1勝しかしていませんが、連対率が7割越えと言う成績です。更に唯一の4歳馬最強世代の1頭です。無視は出来ません。本命にはできなくても相手に良いのではないか?と思います。
 6番人気の11スワーヴリチャード、去年の大阪杯(GI)以降成績にバラ付きが見られます。順番的に今回は馬券から外れる?
 7番人気7マカヒキですが、2016年のダービーです。その後フランスで1勝した後勝っていません。
 人気上位馬7頭のうち6頭がGⅠ馬です。その中から何を消していくか?が鍵となるでしょう。
 有力馬は◎2レイデオロ〇12リスグラシュー▲3エタリオウ△4アルアイン、11スワーヴリチャードとしました。しかし1キセキや7マカヒキも流す場合は押さえないといけません。後5歳馬はノーマークでも押さえないといけません。

この記事へのコメント