オッサンのブラリ一人旅(堀川戎神社)

 福島天満宮の次にやって来たのが、堀川戎神社です。

CIMG5679.JPG
 事前に調べていたのは、JR天満駅か、地下鉄南森町駅が近いと言う事だったのですが、梅田からでも十分に徒歩圏内でした。
 鳥居を直ぐに2体の狛犬が出迎えてくれます。
 堀川戎神社は、西宮神社、今宮戎神社と共に関西の三大戎神社に数えられています。
 主祭神は蛭児大神(蛭子大神)で、少彦名命・天太玉命を配祀しています。
 社伝では、欽明天皇の時代、戎大神の信託により止美連吉雄が堀江で玉を得、それを神体としたのが始まりだそうです。1159年平治の乱を避ける為丹波国に移りましたが、文和年間に現在の場所に遷座されました。以降、堀川戎と呼ばれています。
 1945年戦災で焼失しましたが、1963年再建されました。
CIMG5680.JPG CIMG5682.JPG CIMG5681.JPG
 拝殿の左に有ったのが、福興戎です。
 阪神大震災の時正面の鳥居が倒れてしまい、その石に戎像が彫られ、福興(ふっこう、ふくおこし)戎と名付けられました。
CIMG5684.JPG
 こちらは、榎木稲荷神社。
 堀川戎神社の境内社ですが、本殿が地車(だんじり)の形をしているらしいです。その事から地車稲荷とも呼ばれています。木の神・句句廼知神と稲荷神・宇賀御魂神が祀られています。
CIMG5688.JPG CIMG5689.JPG
 参拝も終わり社務所へ、こちらでは御朱印を頂く事が出来ました。
 御朱印を頂く際に、御朱印帳の事について、訪ねました。内容は、神社用と、お寺用の御朱印長は分けた方が良いのか?と言うものです。神社の方が云われるには、そのような事は、関係ない!との事、お寺の御朱印が押して在っても関係なく御朱印を推させて頂いているとのお話でした。
CIMG5743.JPG
 この後、桜の宮神社に向かいます。

この記事へのコメント