オッサンの競馬予想(スプリンターズステークス 2019)

 いよいよ、秋のGⅠ競争が開幕します。その前に、宝塚記念の回想と参りましょう。
 6月23日の宝塚記念は、3番人気(更新時は4番人気の12リスグラシューが4コーナを回った後1番人気(更新時は2番人気)1キセキをかわし勝ちました。2着は1キセキ、3着には序盤から12リスグラシューに追走していた6番人気11スワーヴリチャードが入りました。本命に推していた2レイデオロは5着となりました。
CIMG3571.JPG
 さて、9月29日は、スプリンターズステークスです。秋のGⅠレースの開幕戦です。
 そのスプリンターズステークスは9月29日中山競馬場で行われます。
 スプリンターズステークスの過去の傾向です。
 先ずは人気順の成績から。
バツ1 1番人気 1着14回 2着 6回 3着 2回 勝率42%、連対率61%、馬券率67%
バツ1 2番人気 1着 7回 2着10回 3着 5回 勝率21%、連対率52%、馬券率67%
バツ1 3番人気 1着 3回 2着 6回 3着 3回 勝率 9%、連対率27%、馬券率36%
バツ1 4番人気 1着 1回 2着 1回 3着 4回 勝率 3%、連対率 6%、馬券率18%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 3回 3着 2回 勝率 6%、連対率15%、馬券率21%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 3回 勝率 3%、連対率 3%、馬券率12%
バツ1 7番人気 1着 2回 2着 1回 3着 4回 勝率 6%、連対率 9%、馬券率21%
 1番人気の信頼度は、勝率42%と高く、馬券率では2番人気と共に67%となっています。只、2番人気の成績が近年奮っていないのが気になります。
 コース的には、外側を走る馬が有利に思われます。特に1枠はかなり苦しいかも知れません。
 前走レースでは、日程が変わった2000年以降はセントウルステークス(GII)組が9勝と圧倒的な強さです。続いて安田記念(GI)組が3勝、キーンランドカップ(GIII)組とテレビ西日本賞北九州記念(GIII)組が其々2勝となっています。
 馬齢的には、7歳8歳馬は避けておくのが無難でしょう。
 さて、予想です。
 人気上位馬です。
バツ1 1番人気 8 タワーオブロンドン
バツ1 2番人気 2 ダノンスマッシュ
バツ1 3番人気 7 モズスーパーフレア
バツ1 4番人気 9 ディアンドル
バツ1 5番人気 4 リナーテ
バツ1 6番人気 13 ミスターメロディ
バツ1 7番人気 16 ファンタジスト
 1番人気は8タワーオブロンドン、セントウルステークス(GII)1着馬です。GⅠ初勝利を目指します。
 2番人気2ダノンスマッシュはキーンランドカップ(GIII)の勝ち馬、こちらもGⅠ未勝利です。
 3番人気が7モズスーパーフレア、春以降人気の割に期待外れの成績が続いています。
 4番人気の9ディアンドル、3歳牝馬ですが、デビュー以来連対率が100%です。3歳だからこその成績ですので割り引いて考える必要は有ると思います。
 5番人気は4リナーテ、新馬戦で勝って以来低迷が続いていましたが、昨年からの成績は好調そのものです。要チェックです。
 6番人気が13ミスターメロディです。セントウルステークス(GII)は8着に終わりましたが高松宮記念(GI)の勝ち馬です。
 7番人気16ファンタジストは皐月賞以降惨敗が続いていましたがセントウルステークス(GII)2着と復調の兆しです。
 予想としては、◎8タワーオブロンドン〇ダノンスマッシュ▲9ディアンドル△13ミスターメロディ、16ファンタジスト、3セイウンコウセイとなりました。3セイウンコウセイは11番人気ですが春の高松宮記念(GI)で2着に入っており、1昨年の高松宮記念(GI)を制しています。未だ6歳馬です。波乱を起こすには十分だと思います。

この記事へのコメント