オッサンの競馬予想(マイルチャンピオンシップ 2019)

 11月10日のエリザベス女王杯は、天皇の即位祝賀パレードの中継の為テレビで観戦することが出来ませんでした。
 改めて、インターネットでレースの模様を見てみます。
 1着は、3番人気の2ラッキーライラックが最後の直線で天皇賞秋のアーモンドアイの如く内から追い上げ前方を走っていた2ラッキーライラックと11ラヴズオンリーユーを抜き去りゴールしました。7戦勝ちが無かっただけに、△印が限度かと持っていました。
 2着も、6歳馬で苦しいのでは?と考えていた7番人気6クロコスミアが入りました。序盤から先頭を走っていましたが、最後2ラッキーライラックにかわされ2着となりました。6クロコスミアはこれで3年連続エリザベス女王杯2着となりました。これはこれで立派な記録です。
 3着が、対抗に挙げていた1番人気11ラヴズオンリーユーが最後まで6クロコスミアを捉える事が出来ずに3着に終わりました。
 4着に▲印の12センテリュオ本命の8クロノジェネシスが5着となっていただけに、1・2着が余計と言う結果になりました。
CIMG3553.JPG
 11月17日はマイルチャンピオンシップです。
 春の安田記念と共に秋のマイルチャンピオンを決めるレースになっています。それだけに、中長距離を走れる馬から短距離が得意な馬まで多彩な顔ぶれがそろうレースです。
 そのマイルチャンピオンシップは11月17日京都競馬場で行われます。
 傾向と対策です。
 人気別の成績です。
バツ1 1番人気 1着12回 2着 8回 3着 2回 勝率36%、連対率61%、馬券率67%
バツ1 2番人気 1着 3回 2着 7回 3着 5回 勝率 9%、連対率30%、馬券率45%
バツ1 3番人気 1着 2回 2着 6回 3着 3回 勝率 6%、連対率24%、馬券率33%
バツ1 4番人気 1着 7回 2着 5回 3着 3回 勝率21%、連対率36%、馬券率45%
バツ1 5番人気 1着 3回 2着 1回 3着 6回 勝率 9%、連対率12%、馬券率30%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 2回 3着 2回 勝率 3%、連対率 9%、馬券率15%
バツ1 7番人気 1着 0回 2着 0回 3着 2回 勝率 0%、連対率 0%、馬券率 6%
 1番人気の信頼度は勝率36%と平均より高い目です。注目は4番人気の成績が7勝となっています。2・3番人気より好成績です。
 勝ち馬の8割以上が6番人気迄で決まっていますが、1割の確率で2桁人気の馬が勝っています。この1割の確率を高いと見るか?低いと見るか?です。
 コース的には、外枠が有利か?と考えられます。特に7枠を走る馬が8勝して居り、最外の8枠も4勝しています。逆に2枠が1勝しかしていません。
 前走成績は、掲示板を外した馬でも9勝しています。とは言え、前走、馬券に絡んだ馬が20勝していますので3着以内の馬に絞るのか?前走成績を無視するのか?ですね。
 前走レースでは、天皇賞(秋)(GI)組が10勝2着・3着5回となっています。続いて、スワンステークス(GII)組が7勝、2着12回、3着14回と言う成績です。後富士ステークス(GIII)、スプリンターズステークス(GI)からの参戦が各4勝しています。この4レースに絞るのも有かと考えます。
 馬齢的には、6歳馬でも十分に勝つ可能性が有ります。
 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬から。
バツ1 1番人気 14 ダノンプレミアム
バツ1 2番人気 1 ダノンキングリー
バツ1 3番人気 5 インディチャンプ
バツ1 4番人気 15 ダイアトニック
バツ1 5番人気 10 アルアイン
バツ1 6番人気 7 ペルシアンナイト
バツ1 7番人気 12 モズアスコット
 1番人気は14ダノンプレミアム、前走の天皇賞(秋)(GI)では2着に入っています。4歳になってから、2歳時の強さが戻ってきています。
 2番人気が1ダノンキングリーです。毎日王冠(GII)1着馬、皐月賞3着ダービー2着と実績を積んでいます。馬券率100%で来ています。
 3番人気の5インディチャンプは安田記念(GI)でアーモンドアイを破って、毎日王冠(GII)3着からの出走です。
 4番人気15ダイアトニックはスワンステークス(GII)に勝っての参戦です。1,600mは新馬戦で勝って以来勝ちがありません。
 5番人気は10アルアインです。今年の大阪杯を制したGⅠ馬ですが、その後連敗しています。
 6番人気が7ペルシアンナイト一昨年のマイルチャンピオンシップ(GI)覇者です。昨年も2着に入っていますがそれ以来低迷が続いています。しかし、エリザベス女王杯クロコスミアの例が有ります。無視という訳には行かないでしょう。
 7番人気の12モズアスコットも昨年安田記念(GI)に勝っています。その後のスワンステークス(GII)2着から低迷が続いていましたが、前走のスワンステークス(GII)で2着となり、復活が期待されます。
 予想としては、◎5インディチャンプ〇14ダノンプレミアム▲1ダノンキングリー△7ペルシアンナイト、10アルアイン、12モズアスコットとしました。
 ◎5インディチャンプ〇14ダノンプレミアム▲1ダノンキングリーはどれを本命にするか?迷いましたが、アーモンドアイを破った5インディチャンプを本命にしました。対抗の14ダノンプレミアムも最強世代の1頭です。それに続くのが1ダノンキングリーとなりました。
 ここ迄5頭がGⅠ馬です。1ダノンキングリーもクラッシックで好成績を挙げています。したがって△印の3頭はGⅠ馬で固めてみました。
 予想はしたものの、思わぬ伏兵が馬券に絡んできそうな気がします。それが、どの馬か?分れば苦労はしないのですが・・・

この記事へのコメント