オッサンの競馬予想(有馬記念 2019)

 12月15日の朝日杯フューチュリティステークスは序盤から先頭を追走していた1番人気、本命に推していた6サリオスが最後の直線で先頭に立って勝ちました。2着は最初中段から後方に待機していた2番人気8タイセイビジョンが終盤追い上げ2着となりました。3着には何と後方2番手を走っていた14番人気の9グランレイが素晴らしい追い込みを見せて入りました。
 3着が14番人気でしたが、思ったほどの配当にはならなかったと感じました。混戦だっただけに人気薄が来ても期待ほどの配当にはならなかった様です。
CIMG3574.JPG
 12月22日は有馬記念です。
 中央競馬の1年を締めくくるレースとして、創設以来12月下旬、中山競馬場と言うのが変わっていません。有馬記念は競馬界だけでなく年末の風物詩としても定着しています。
 その有馬記念は12月22日中山競馬場で行われます。
 過去の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
バツ1 1番人気 1着13回 2着 8回 3着 3回 勝率39%、連対率64%、馬券率73%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 4回 4着 4回 勝率12%、連対率24%、馬券率36%
バツ1 3番人気 1着 2回 2着 4回 3着 6回 勝率 6%、連対率18%、馬券率36%
バツ1 4番人気 1着 8回 2着 2回 3着 4回 勝率24%、連対率30%、馬券率42%
バツ1 5番人気 1着 0回 2着 4回 3着 1回 勝率 0%、連対率12%、馬券率15%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 2回 3着 4回 勝率 3%、連対率 9%、馬券率21%
バツ1 7番人気 1着 0回 2着 2回 3着 1回 勝率 0%、連対率 6%、馬券率 9%
 1番人気の信頼度は勝率39%、連対率64%とかなり高いものになっています。気になるのが4番人気過去33年で8回1着となっています。これは、1番人気の勝率に続く2番目の成績で24%となっています。下位人気でも勝ったり、連や馬券に絡んでいます。思わぬ伏兵が来る可能性は否定できません。
 コース的には、大外を走る馬が不利か?と思われます、過去33年最外の馬が勝った例は1度だけ、それも12頭立て、今年は16頭立てと言う事で8枠は避けたい処です。
 前走成績は、やはり掲示板に入っている馬は信頼しても良いのですが、2桁着順の馬も結構来ています。前走人気というのも考慮すべきところでしょう。
 前走レースでは、ジャパンカップ(GI)組が1着13頭と抜けています。続いて菊花賞(GI)組が1着7頭、天皇賞(秋)(GI)組が1着5頭となっています。この3レースから主走する馬から勝ち馬を選びたい処です。後は、秋の重賞からの馬をチェックすると良いのですが・・・。
 馬齢的には、3歳馬が一番多く勝っています。馬券は、おおよそ5歳馬までとなります、よほどの事が無い限り6歳馬以上は切って良いでしょう。
 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬から。
バツ1 1番人気 9 アーモンドアイ
バツ1 2番人気 6 リスグラシュー
バツ1 3番人気 10 サートゥルナーリア
バツ1 4番人気 7 ワールドプレミア
バツ1 5番人気 5 フィエールマン
バツ1 6番人気 2 スワーヴリチャード
バツ1 7番人気 8 レイデオロ
 1番人気は9アーモンドアイ、当然の結果です。不安があるとすれば中山競馬場で走るのが初めてと言う事でしょう。阪神競馬場、京都競馬場でも初出走で勝っていますので大丈夫だとは思います。
 2番人気6リスグラシューは宝塚記念(GI)で勝った後、オーストラリアに遠征をして勝利しています。
 3番人気が10サートゥルナーリアです、天皇賞(秋)(GI)では2番人気の6着でした。9アーモンドアイに続いての2番人気の6着だっただけに力は有ると思います。1着で無ければ馬券外というのが気になります。
 4番人気の7ワールドプレミア、菊花賞(GI)1着馬です。距離的には心配ないと思います。
 5番人気5フィエールマンは春の天皇賞馬です。前走凱旋門賞では12着と惨敗しましたが、国内では9アーモンドアイ同様馬券から外れた事は有りません。
 6番人気の2スワーヴリチャードがジャパンカップ(GI)1着馬です。
 7番人気8レイデオロは今年に入ってから、馬券外が続いています。
 予想としては、◎9アーモンドアイ〇5フィエールマン▲2スワーヴリチャード△6リスグラシュー、7ワールドプレミア、10サートゥルナーリアとしました。
 今回は、16頭中11頭がGⅠ馬、内6頭がGⅠ2勝以上しています。古馬に関してはGⅠ、2勝馬、3歳馬はGⅠ馬を中心に予想してみました。後、15番人気ですが13アルアインもGⅠを2勝しています。しかも、今年の大阪杯で勝っていますので8レイデオロより上かも知れません。要注意だと思います。

この記事へのコメント