オッサンの競馬予想(高松宮記念 2020)

 先月のフェブラリーステークスは、1番人気12モズアスコットが最後の直線で先頭に立ちゴールしました。6歳と言う事で軸にはしませんでしたが、勝つ可能性は有ると感じていました。これで、芝、ダートのGⅠを制したことになります。真価を問われるレースで見事に結果を出した訳です。2着にはまさかの最下位人気15ケイティブレイブが入りました。3着が、3番人気9サンライズノヴァとなりました。
 1着が勝つ可能性を感じながら軸に出来なかった12モズアスコット、2着がまさかの7歳馬、3着も2019年中央で結果が出ていなかった為ノーマークとした9サンライズノヴァとなりました。本命、対抗に推していた馬は2頭とも、馬群の後方でのゴールとなり、惨敗してしまいました。
 3月29日は高松宮記念です。
 春のGⅠの開幕となるレースです。同時に、春のスプリントチャンピオンを決めるレースで1967年中京大賞典として始まり、1971年に高松宮となり夏に2000mで行われていましたが、1996年GⅠになった時に1200mになり、1998年高松宮記念となりました。2000年からは3月に行われています。
 その、高松宮記念は2月29日中京競馬場で行われます。
800px-Chukyo_Racecourse_Paddock_20090329.jpg
 過去の傾向と対策です。
 人気馬別の成績です。
バツ1 1番人気 1着 5回 2着 3回 3着 5回 勝率23%、連対率36%、馬券率59%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 6回 3着 2回 勝率18%、連対率45%、馬券率55%
バツ1 3番人気 1着 6回 2着 3回 3着 4回 勝率27%、連対率41%、馬券率59%
バツ1 4番人気 1着 5回 2着 1回 3着 1回 勝率23%、連対率27%、馬券率32%
バツ1 5番人気 1着 1回 2着 1回 3着 1回 勝率 5%、連対率 9%、馬券率14%
バツ1 6番人気 1着 0回 2着 3回 3着 0回 勝率 0%、連対率14%、馬券率14%
バツ1 7番人気 1着 0回 2着 1回 3着 0回 勝率 0%、連対率 5%、馬券率 5%
 1番人気の信頼度がかなり低くなっています。しかし、4番人気迄の馬の成績がかなり拮抗しています。勝ち馬を予想する場合4番人気までで絞るべきかと感じます。連対は1桁人気迄でしょうか?3連についても10番人気迄と言う感じでしょう。それ以上の人気薄が来たら御免なさいです。
 コース的には過去22年14コースから外の馬は1勝しかしていません。真ん中より内側2枠から4枠辺りが有利かと思います。
 前走成績は先ず5着以内と言うのは大事な事ですが前走9着で馬券に絡んだケースが何度か有ります。人気を集めての惨敗の場合は要チェックでしょう。
 前走レースは、阪急杯(GIII)シルクロードステークス(GIII)オーシャンステークス(GIII)からの出走が強く、この3つのレース以外からの出走で勝った例は1度しかありません。
 馬齢では、5歳馬を中心に考えることになります。
 さて、予想です。
 先ずは人気上位馬です。
バツ1 1番人気 8 グランアレグリア
バツ1 2番人気 6 ダノンスマッシュ
バツ1 3番人気 9 タワーオブロンドン
バツ1 4番人気 14 モズアスコット
バツ1 5番人気 3 ダイアトニック
バツ1 6番人気 10 アイラブテーラー
バツ1 7番人気 1 ステルヴィオ
 1番人気は8グランアレグリア昨年の桜花賞馬です。6戦4勝、1600に関しては5戦3勝3着1回と言う成績です。只、阪神カップ(GII)からの出走で馬券に絡んだ例はありません。
 2番人気が6ダノンスマッシュです。オーシャンステークス(GIII)1着馬、GⅠ初制覇を狙います。
 3番人気の9タワーオブロンドンはスプリンターズステークス(GI)の勝ち馬でオーシャンステークス(GIII)3着からの出走です。
 4番人気14モズアスコットはフェブラリーステークス(GI)に勝っての出走ですが芝では苦戦が続いています。
 5番人気は3ダイアトニック阪急杯(GIII)3着からの出走です。
 6番人気の10アイラブテーラーですが、ここ迄連対率100%で来ています。しかし、重賞で勝っていません。
 7番人気が1ステルヴィオは1昨年のマイルチャンピオンシップ(GI)に勝ってからは、勝利から遠ざかっています。
 予想としては、◎9タワーオブロンドン〇6ダノンスマッシュ▲8グランアレグリア△10アイラブテーラー、14モズアスコットとしました。
 ◎9タワーオブロンドンと〇6ダノンスマッシュは1200でも結果を出しており力的に申し分ありません。GⅠに勝っている分9タワーオブロンドン本命にしました。▲8グランアレグリアは1200が未経験です。短い距離はどうなのか?考える所です。

この記事へのコメント