オッサンの競馬予想(皐月賞 2020)

 4月12日の、桜花賞は後方を走っていた2番人気9デアリングタクトが4コーナ―を回った所から素晴らしい追い上げを見せ、ゴール前1番人気17レシステンシアと9番人気3スマイルカナを捉え1着でゴールしました。2着は、中盤から3スマイルカナを追走していた17レシステンシアが直線で1但は先頭に立ちましたがゴール前9デアリングタクトに捉まり惜しくも2着となりました。序盤から先頭を走っていた3スマイルカナ粘りを見せ、3着に入りました。
 結果、本命に推していた2番人気9デアリングタクトが1着で連勝は的中と言う事になりました。対抗に挙げていた5番人気(更新時は6番人気)5マルターズディオサは8着となりジンクスを破る事は出来ませんでした。
 4月19日は皐月賞です。
 皐の字が常用漢字外の為、ひらがなで「さつき」と表記されることも有ります。最もスピード有る優秀な繁殖馬を選定するチャンピオンレースの為せん馬は出走することはできません。そして皐月賞は最も速い馬が勝つといわれています。
 その皐月賞は4月19日に中山競馬場で行われます。
Nakayama_Racecourse01.jpg
 皐月賞の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
バツ1 1番人気 1着 9回 2着 6回 3着 5回 勝率26%、連対率44%、馬券率59%
バツ1 2番人気 1着 4回 2着 5回 3着 6回 勝率12%、連対率26%、馬券率44%
バツ1 3番人気 1着 6回 2着 3回 3着 6回 勝率18%、連対率26%、馬券率44%
バツ1 4番人気 1着 3回 2着 5回 3着 3回 勝率 9%、連対率24%、馬券率32%
バツ1 5番人気 1着 2回 2着 0回 3着 2回 勝率 6%、連対率 6%、馬券率12%
バツ1 6番人気 1着 1回 2着 3回 3着 3回 勝率 3%、連対率12%、馬券率21%
バツ1 7番人気 1着 3回 2着 1回 3着 0回 勝率 9%、連対率12%、馬券率12%
 1番人気の信頼度は、勝率26%馬券率も59%とやや低い目です。2桁人気の馬でも1割近くの確率で勝っています。3着まで同様です。そう考えると的中させるのは難しいレースと言えるでしょう。
 コース別では、真ん中8・9・10コースを走る馬が勝っていませんその辺りが若干不利なのかな?と思います。
 前走成績は、勝ち馬が4着以内、2着・3着でも掲示板確保が絶対でしょう。
 前走レースでは、弥生賞(GII)、スプリングステークス(GII)が各10頭勝ち馬をでしています。続いて若葉ステークス、共同通信杯(GIII)、毎日杯(GIII)が複数頭勝ち馬を出しています。この5つのレースで、掲示板に入った馬を中心に予想をして行くのが良いか?と考えます。
 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬です。
バツ1 1番人気 1 コントレイル
バツ1 2番人気 7 サリオス
バツ1 3番人気 5 サトノフラッグ
バツ1 4番人気 11 クリスタルブラック
バツ1 5番人気 13 ダーリントンホール
バツ1 6番人気 17 ヴェルトライゼンデ
バツ1 7番人気 12 マイラプソディ
 1番人気は1コントレイル、3戦3勝で来ています。ホープフルステークス(GI)を制しての出走です。
 2番人気の7サリオスも3戦3勝で、朝日杯フューチュリティステークス(GI)制しての出走でこちらもGⅠ馬です。
 3番人気が5サトノフラッグです、弥生賞(GII)を勝っての出走です。
 4番人気11クリスタルブラックは2戦2勝、京成杯(GIII)1着です、京成杯(GIII)からの勝ち馬は出ていません。
 5番人気は13ダーリントンホールになります。共同通信杯(GIII)1着での出走で馬券率は100%です。
 6番人気の17ヴェルトライゼンデは連帯率100%で、スプリングステークス(GII)を勝っています。
 7番人気が12マイラプソディです。此処迄4戦3勝ですが、前走共同通信杯(GIII)は4着に敗れています。
 買い目としては、◎1コントレイル〇17ヴェルトライゼンデ▲5サトノフラッグ△7サリオス、11クリスタルブラック、13ダーリントンホールとなりました。7サリオスを△印にしたのは、朝日杯フューチュリティステークス(GI)からは、強い馬が出ていない印象が強く評価が低くなりました。

この記事へのコメント