オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 府中宿~江尻宿)

 江尻宿へ進みます。距離にして二里二十九丁(約11.7Km)の道のりです。
 江尻宿、西の入り口は、江尻西木戸跡辺りかと思われます。
 府中宿と江尻宿の間には、草薙神社、草薙一里塚、上原子安地蔵堂、久能寺観音道道標、姥ヶ池、都鳥供養塔、追分羊羹などの史跡が有ります。
 府中宿を出て、かなり進まなければなりません。途中草薙神社の大鳥居が有ります。神社自体は鳥居から南東に1.5Kmの所に有ります。日本武尊を祭神とする神社で、ここで逆賊が日本武尊を殺そうと火を放ちましたが、剣を抜き、草を薙ぎ払い、難を逃れたそうで、草薙の言われとなったのでしょうか?
 大鳥居から少し行くと、草薙一里塚です。今は碑のみとなっていますが、なかなか立派な一里塚だったようです。
800px-Tokaido18_Ejiri.jpg
 その先に、上原子安地蔵堂があります。鎌倉時代以前の創建らしいのですが、天正年間徳川家康と武田の宿将穴山梅雪がこの地蔵堂で会見し結果梅雪は徳川側に寝返り武田滅亡のきっかけとなったそうです。
 子安地蔵堂から少し進むと、久能寺観音道標に差し掛かります。久能寺は元々久能山に有り、1300年前推古天皇の時代に国主久能忠によって創立されたとの事ですが、武田信玄が久能城を築いた折現在の清水区村松に移築されました。江戸時代には結構栄えたそうですが、江戸後期から衰退し明治時代には住職も居ない寺になり荒廃してしまいました。その後、静岡藩権大惨事も務めた山岡鉄舟が復興し現在は臨済宗妙心寺派捕陀落山鉄舟寺となり、千手観音菩薩を本尊としているそうです。道標は鉄舟寺への道標になっています。
 道標の先には、姥ヶ池があります。ある長者の子が咳を患い、乳母が弁財天に祈願し、入水し果てると子供の咳は治り長者が池の淵に杜を立て姥の霊を祀ったと言う言い伝えだそうです。
 姥ヶ池を過ぎると、都鳥供養塔になります。芝居や浪曲などで有名な都鳥一家です。都鳥と言うのは通称で、都田喜兵衛と言うそうです。森の石松を殺害した喜兵衛はここで次郎長により仇を討たれたのですが、菩提を弔う人も無く地元の人が憐れみ供養塔を建てたとの事です。
 近くには、追分羊羹店が有ります。蒸し羊羹を名物とするお店で、抗菌作用が高い竹の皮に包まれて売られています。元禄年間箱根の山で倒れた明の僧を助け、羊羹の製法を教わったのが起源だそうです。側には追分道標が有り、東海道と清水港への分岐点との事で、ここに店を構えた事から追分羊羹と言われた様です。
91_0.jpg
 追分羊羹から巴川の間に江尻西木戸の碑が有るとの事ですが、今のところどの辺りに有るのか?不明ですがこの辺から、江尻宿と言う事になります。
 江尻宿は、江戸から18番目の宿場で、府中宿と並ぶ規模の宿場で、同時に清水湊を有する交通の要衝でもあったそうです。現在の清水銀座界隈が宿場の中心地だったようです。
 江尻宿には、稚児橋、魚町稲荷神社程度しか史跡が有りません。清水銀座を散策してみれば看板や碑が有るのかも知れません。
 江尻宿に入り巴川に架かっているのが稚児橋です。慶長年間家康の命で架けられましたが、渡り初めで老夫婦が先頭を歩く予定が巴川から河童の子が現れ橋を渡り去って行ったという事で、稚児橋と言うようになったそうです。
 稚児橋を渡り、街道から反れると魚町稲荷神社が有ります。永禄年間駿河に攻め入った武田信玄が現在の江尻小学校の辺りに築城し、天正年間当時の城将穴山梅雪が本格的な城に改築しました。その際稲荷神社も建立し稲荷神社だけが残っているという事です。清水銀座を抜けると東の入り口となります。
 江尻宿で頂かなければいけない物は、と言うと、やはり追分羊羹です。本店は勿論、駅などの土産物店でも購入できる様です。
 この後、興津宿へ向かいます。距離は一里三丁(約5Km)の道のりです。

この記事へのコメント