沖縄が日本でなくなる日(コザ暴動)

 「沖縄が日本でなくなる日」7回目です。  昨夜、報道ステーションで45年前のコザ暴動を扱っていました。そこで、今回はコザ暴動について述べてみたいと思います。  コザ暴動は、1970年12月20日未明に起こった、米軍車両・施設に対して、起きた暴動事件です。  背景には、米施設政下での圧制・人権侵害に沖縄の人々の不満が爆発したものです。コザ市は市の経済の80%を基地に依存しながら軍に対する不…

続きを読む

沖縄が日本でなくなる日(辺野古基地移設問題)

 「沖縄が日本でなくなる日」6回目です。  辺野古問題(=普天間基地移設問題)は、「沖縄が日本でなくなる日」の最大の焦点です。これはアメリカ海兵隊普天間飛行場の機能を果たす基地・施設を何処に、どのような条件で設けるか?と言う問題です。元は、1995年の沖縄米兵少女暴行事件により基地に反対したり、普天間基地の返還を求める運動が起こりました。この問題は、米兵の不祥事や、事故・騒音問題によるもので、…

続きを読む

沖縄が日本でなくなる日(返還後の歩み)

 沖縄が日本でなくなる日 5回目です。  1972年返還後の沖縄は、目覚ましい発展を遂げました。返還の翌年73年若夏国体・75年沖縄国際海洋博覧会が開始され、大きな産業といえば基地関連・公共事業・観光くらいしか無かった処へ88年からの「沖縄県マルチメディアアイランド構想」に基づき、コールセンターやIT企業の優遇策による誘致を活発に行っています。もっとも内外からは施設は立派だが内容が伴わない箱物…

続きを読む