オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 赤坂宿~御油宿)

 赤坂宿から御油宿へ向かいます。僅か一六丁(1.7Km)の道のりです。  御油宿の、京都側の入り口は、本陣跡だと思われます。  赤坂宿と御油宿本陣跡の間には、関川神社、御油の松並木、東林寺などの史跡が有ります。  関川神社は、赤坂宿の、江戸側入り口である東見附跡の直ぐ側にあります。境内には、樹齢800年高さ25mの楠と芭蕉の句碑が有ります。句は「夏の月御油より出でて赤坂や」と読まれています…

続きを読む

オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 藤川宿~赤坂宿)

 今回の妄想は、藤川宿から赤坂宿二里九丁(10.3Km)を目指します。  実は、藤川宿と赤坂宿の間にはもう一つ、本宿が有ります。赤坂が宿場になる前に宿場だった所だそうです。  赤坂宿の京側の入り口は、西の見附になります。藤川宿と赤坂宿西の見附の間の史跡は、山中立場、本宿、磯丸歌碑、長沢一里塚、西の見附と有ります。  藤川宿を出て暫く行くと、名電山中駅を少し過ぎた辺りが山中立場となります…

続きを読む

オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 岡崎宿~藤川宿)

 今回は、岡崎宿から藤川宿一里二五丁(7.3Km)へ妄想を馳せます。  藤川宿の西の入り口は、西棒鼻と言う事です。  岡崎宿と西棒鼻の、間に有る史跡等は大平一里塚、大岡越前守陣屋跡、吉良道々標、藤川一里塚、十王堂、藤川西棒鼻跡と続きます。  岡崎宿を出発して、暫く行くと大岡越前守陣屋跡に着きます。江戸町奉行の大岡越前が一万石の大名になってから明治まで大岡家が西大平藩主として陣屋をおいていま…

続きを読む